東京都の施工実績

もっと見る

東京都

〜みずほアンテナ工事員からのコメント〜

みずほアンテナ東京都エリア担当の工事員です。
主に西東京エリアでの工事を担当しておりますが、お客様から『この地域電波弱いんでしょ?』と聞かれることがよくあります。
確かに地デジ放送開始時は難視聴エリアと呼ばれていた地域も多数ありましたが、新しい中継局も数多く建設され最近ではどちらかと言えば【電波の良い地域】に変貌をとげております。
私の仕事のやりがいは、お客様に『みずほさんに頼んでよかった~~~!』と言って頂けたり、『お隣さんにもアンテナ勧めてみるわ!』と言われることです。
西東京エリアのお客様は大変優しくして頂けて、本当に元気を沢山もらえます。
ご近所様にアンテナを設置してる人が少なくても今は設置可能な場合がほとんどですので是非アンテナ設置をご検討されてる方はみずほアンテナまでご連絡下さい。

東京都のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

東京都の都道府県別放送受信契約数は、約4,437,183件と言われております。(平成27年度末時点)次にケーブルテレビの普及率は、約5,505,776件(81.2%)となっております。
大阪府に次いで2番目に普及率が高くなっています。東京都の場合、スカイツリーが見える地域であれば、八木アンテナでも平面アンテナでも特に問題が無いと思います。八木アンテナであれば14素子で十分です。平面アンテナについては、20素子相当がいいと思います。ブースター内蔵タイプはBS/CSアンテナとの混合器が内蔵されているので、別途混合器を買う必要が無くなります。また、BSアンテナについてですが、一般的に売られている45センチタイプのアンテナで問題ないと思われます。もし、余裕があるのなら50センチタイプのアンテナの方をお薦めします。理由として大雨などによる減衰を少しでも減らせるためです。テレビアンテナの工事は、新築の場合、引越しを終えてから工事を依頼すると、時間がかかってしまう事が多くその間テレビを視聴する事が出来ません。せっかく楽しい気持ちで引越しをしてきたのに少しガッカリした気分になります。特に新築の際には引越しをする前にアンテナ工事の手続きを行い、引越し当日に施工が終わる様に計算しておくとスムーズです。依頼を行う業者の中には、タイミングを合わせてくれるところもありますので、まずは事前に相談をしてみると良いでしょう。自身で工事を行うと言う場合は、予め日数に余裕を持つ事で電波強度が良くなかった場合にも微調整を行う事が出来ます。そろそろ住宅が完成すると言うタイミングで施工を依頼すると良いと言えます。