東京都東村山市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

三鷹市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

東村山市(ひがしむらやまし)は、東京都の多摩地域北部にある人口約15万人の市です。高田馬場駅まで西武新宿線で最短21分(特急)という地の利から、ベッドタウンとして開発が進められました。市域は象の頭部を正面から見たような形をしています。武蔵野台地のほぼ中央、狭山丘陵の東縁に位置します。市内を流れる川(空堀川・野火止用水など)は荒川に注ぎ、多摩川に注ぐものはありません。かつて、空堀川は台風が来た時などの大雨が降る度に溢れるほどの水量となっていたが、流路の変更(直線化)、川幅を広げる等の大規模な河川改修工事が完了し、その一部は親水公園となっています。かつて川から水が溢れて、川に隣接する大岱小学校の校庭が水に浸かったことがありました。当市の出身者でコメディアン、俳優の志村けんの『東村山音頭』によって全国的に市名が知られることとなりました。その中にも出てくる多摩湖(村山貯水池)はほとんどが西隣の東大和市にあるものの、新宿副都心開発により閉鎖された淀橋浄水場の代替地となった東村山浄水場があり、都民が恩恵にあずかっています。市の西部に狭山丘陵の東の縁があるが、市域の大半は武蔵野台地の平坦な土地であります。江戸時代の初めに幕府の老中、松平伊豆守信綱が掘らせたことから「伊豆殿堀」とも呼ばれる野火止用水や、狭山丘陵から流れ出している空堀川から水利を得て、畑作が盛んなところでした。市制以前の主要な産業は畑作で、都内では有数のサツマイモの産地です。養蚕や東京狭山茶の産地として製茶、絹織物の生産も行われる。現在は茶に代わり植木・苗木や梨の生産が多くなっています。かつては、立川市とならび東京うどの生産や麦作もありました。麦作の伝統により関東地方では少数派のうどん圏(武蔵野うどん)の一部を構成しています。昭和30年代にはパン食の普及により小麦出荷で農協が財力を蓄えており、三橋美智也を起用して『東村山音頭』を作成できたとされます。東京都東村山市の人口は、総人口が150,101人(推計人口、2018年10月1日)となっております。東京都東村山市の放送受信契約数は、52, 213件で、衛星契約数は、26, 940件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。