福岡県小郡市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

船橋市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

本市の歴史は古く、縄文期以降の三沢遺跡、花立山古墳をはじめとして数多くの遺跡、古墳などが散在し、日本書記に「筑紫小郡」が記されています。筑前、筑後、肥前の境界に位置し、大宰府にも近く、古くから交通の要衝であり、奈良時代には「小郡官衙(かんが)」が置かれ、江戸時代には「坊の津街道」「筑前街道」が松崎周辺を通過し、宿場町として栄えていました。明治時代に国道3号、国鉄鹿児島本線等の近代的交通網からはずれ、交通の要衝という地域発展の条件を失いましたが、大正13年には西鉄大牟田線の福岡、久留米間が開通しました。明治22年、町村制の施行により小郡村が誕生。昭和28年、小郡村から小郡町となり、昭和30年に三国村、立石村、御原村、味坂村の1町4村が合併し、小郡町になりました。そして、人口急増により昭和47年に市制を施行し、その後も、市北部の住宅開発等により人口の増加が続き現在に至っています。市域を九州自動車道と大分自動車道の二つの高速道路が通り、市内および隣接にインターチェンジが建設されたことにより、短時間で広範囲の都市との連絡を可能にしました。また、市内を東西に走る国道500号を中心として、縦横に県道や市道などの生活道路が張り巡らされています。鉄道は、西鉄天神大牟田線が市域を南北に貫き、小郡駅をはじめ7つの駅があり、東西に通じている甘木鉄道では5つの駅があります。県都福岡市へは鉄道で30分の距離にあり交通の便がよい都市です。農業は、本市の基幹産業として位置付けされ、農業の振興を行ってきました。農業を取り巻く環境は年々厳しさを増しておりますが、農業の持続的発展を図るため、農村と都市住民との交流が課題となっています。商業は、自動車社会の定着により、商業ゾーンが変化しており、時代の流れに即応した商店街の形成や商業の活性化等が大きな課題となっています。福岡県小郡市の人口は、総人口が58,427人(推計人口、2018年10月1日)となっております。福岡県小郡市の放送受信契約数は、19, 043件で、衛星契約数は、8, 907件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。