アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 福岡県 > 福岡県福岡市城南区


福岡県福岡市城南区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

船橋市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

城南区(じょうなんく)は、福岡市を構成する7区の行政区の一つです。福岡市の区の中では中央区に次いで2番目に狭い区です。1972年に福岡市が政令指定都市になった当初は西区の一部だったが、1982年に西区、早良区、城南区の3区に分割されました。区域は全てもとの早良郡の一部で、福岡市に段階的に編入されていきました。1982年(昭和57年)5月10日 西区が西区・早良区・城南区の3区に分割され発足。かつては、筑肥線が通っており、区内に鳥飼駅があったものの、同線の博多駅から姪浜駅間が1983年に廃止され、以後は区内を通る鉄道がなくなりました(鳥飼駅跡は現在区役所や城南保健所などが建っている)。しかし2005年になり福岡市営地下鉄七隈線が開業しました。人口が密集しているわりには道路や公共交通機関の整備が遅れていたため、以前から慢性的な交通渋滞に悩まされていたが、地下鉄七隈線の開業に加え、区南部を横断する福岡高速5号線(堤出入口)・福岡外環状道路が開通し交通の利便性の向上が期待されています。城南区役所では、鳥飼梅林線の中村大学前交差点と福岡外環状道路を結ぶ区間(下の地図の赤い部分)を「大学のあるまちづくり」を進める「(城南区の)シンボルロード」と位置づけ、大学・学生・地域と連携した活気のあるまちづくりに取り組んでいます。シンボルロードの愛称は、平成17年4月、市民の皆さんの1,117件の応募の中から、「城南学園通り(じょうなんがくえんどおり)」と決まりました。城南区の”J”をシンボル化し区民相互の連帯感と未来に伸びゆく様を表しました。濃紺は油山を源とする樋井川と文教地区をイメージしたものです。昭和63年9月28日に市制100周年を記念して、区民に親しまれる区役所づくりと区民意識を高めようと区の象徴として制定しました。城南区をはじめ福岡市各区のシンボルマークは、一般公募し寄せられた作品2,158点の中から審査を行い選定しました。福岡県福岡市城南区の人口は、総人口が132,133人(推計人口、2018年10月1日)となっております。福岡県福岡市城南区の放送受信契約数は、45, 235件で、衛星契約数は、22, 933件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。