アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 福岡県 > 福岡県福岡市東区


福岡県福岡市東区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

福岡県福岡市東区のアンテナ工事・設置・取り付け情報

東区(ひがしく)は、福岡市を構成する7区の行政区の一つです。かつては、全域が福岡市の旧市内(1889年4月1日に福岡市として市制施行)からは独立した郡部でした。現在では市内都心部に対してベッドタウンとしての色合いが濃く、福岡市の行政区の中で最も人口が多いです。アイランドシティや、香椎操車場跡地再開発など、プロジェクトも多く、変化が著しいです。2017年現在、政令指定都市の行政区の中では横浜市港北区に次いで全国で2番目に人口が多い区です。区域は地図上における方角としては福岡市の北東部および北部といえる場所だが、福岡市民は一般的に福岡市の「東側」と見なしています。博多湾沿いを区域とし、北東端部の和白地区から海の中道と呼ばれる砂州が西へ約9kmにわたって伸びています。その先には陸繋島の志賀島があり、そのため区域はちょうど博多湾を三方から囲むような形になっています。区の南側で博多区および志免町・粕屋町に、東側で久山町に、北側で新宮町に接しています。区の南部を多々良川と宇美川が流れ、区の東側、新宮町・久山町との境界部には200~300m級の山があります。かつては、1929年(昭和4年)から運用開始された名島飛行場と1936年(昭和11年)から運用開始された雁ノ巣飛行場(福岡第一飛行場)の2つの飛行場がありました。このうち名島飛行場は水上機専用であり、1931年(昭和6年)にはリンドバーグがシリウス号にて立ち寄っています。なお、このシリウス号のレプリカが東平尾公園博多の森球技場(レベルファイブスタジアム)に展示されています。区域はもと筑紫郡堅粕町の一部(筑紫郡豊平村大字金平を編入したもの)・同千代町の一部(大字馬出)・糟屋郡箱崎町・香椎町・多々良町・和白町・志賀町にあたります。これらが福岡市に編入されたのち、1972年4月1日、福岡市が政令指定都市となると同時に発足し、現在に至ります。福岡県福岡市東区の人口は、総人口が315,525人(推計人口、2018年10月1日)となっております。福岡県福岡市東区の放送受信契約数は、103, 045件で、衛星契約数は、53, 298件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。