福岡県宮若市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

船橋市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

宮若市は、福岡市と北九州市の両政令指定都市のほぼ中間に位置し、九州自動車道(若宮インターチェンジ)を利用すると両都心に約40分でアクセスすることができます。市の面積は139.99平方キロメートルで、市の西部から南部にかけては、西山、犬鳴山、鉾立山、笠置山などの太宰府県立自然公園に指定されている三郡山系が連なり、平地や小丘陵が広く分布した盆地となっています。また、市の中央を東へ貫流する犬鳴川と八木山川に流れ込む支流があり、その流域に農地や市街地が形成され、水と緑に恵まれた地域となっています。明治22年の町村制施行によって、宮田村、香井田村、笠松村、若宮村、中村、山口村、吉川村、日吉村が誕生し、明治41年に吉川村と日吉村が合併しました。その後、大正15年には宮田村が町制施行によって宮田町となり、昭和2年に香井田村を編入しました。昭和18年には、若宮村が町制を施行し若宮町となり、昭和26年には中村、山口村と合併しました。また、昭和30年に、若宮町と吉川村が合併し、宮田町と笠松村が合併しています。この時、若宮町が笠松村の一部(弥ヶ谷地区)を編入し、さらに同年、宮田町が若宮町の一部(如来田地区)を編入しています。現在の宮若市は、平成18年2月11日に、宮田町と若宮町が合併して発足しました。明治時代に石炭の採掘が始まり、旧宮田町にあった筑豊最大の炭鉱、貝島炭砿をはじめとする多くの炭鉱が開発され、炭鉱都市として発展しました。しかし、昭和30年代から始まったエネルギー革命の影響を受け、1976年までにすべての炭鉱が閉山しました。炭鉱閉山後は、九州自動車道若宮インター近くに工業団地を造成し、新たな産業誘致に取り組んでいます。1992年にはトヨタ自動車九州が生産を開始し、自動車関連企業の進出が続いています。福岡県宮若市の人口は、総人口が27,364人(推計人口、2018年10月1日)となっております。福岡県宮若市の放送受信契約数は、9, 419件で、衛星契約数は、4, 120件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。