福岡県福津市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

船橋市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

福津市(ふくつし)は、福岡県の北部の宗像地方に位置し、福岡市と北九州市の中間に位置する市です。福岡県を4つの地域に分けた際は福岡地方に属します。国民健康保険制度の参考にされた定札制度が、かつておこなわれていた地域です。福津市は、福岡県の北西部に位置し福岡市と北九州市という2つの政令指定都市のほぼ中間に位置します。福岡都市圏の北西部・北九州都市圏(関門都市圏)の最西端に位置します。経済・文化的に福岡市、北九州市や隣接する宗像市・古賀市との繋がりが強いです。東部から南部にかけては許斐山・本木山・飯盛山などに、北西部は玄界灘(日本海)に囲まれていて、海岸は玄海国定公園にも指定されており、風光明媚な土地です。福間海岸は県内でも有数のマリンレジャー地区となっており、海岸沿いに飲食店などが立ち並ぶ人気スポットとなっています。江戸時代に大規模な塩田として埋め立てられるまでは、津屋崎から勝浦にかけて深い入り江があり、現在の勝浦から白石浜を経て渡半島へとつながる海岸線は幅の狭い陸繋砂州となっていました。現在、福岡市東区奈多から志賀島までの砂州を指して用いられる海の中道という名前は、本来この砂州を指すものであったと考えられています。福津市は福岡市・北九州市という2つの政令指定都市の中間にあるという立地の良さと、鹿児島本線、国道3号が市内を通るという交通の便の良さにより、ベッドタウンとして発展してきました。当初は北九州都市圏のベッドタウンとして発展してきたが、近年では福岡都市圏への流れの方が優勢となっています。そのため、相対都市圏では北九州都市圏には含まれず、より流れの優勢な福岡都市圏に含まれます。1961年には北九州市(当時は八幡市)の八幡製鐵(現: 新日鐵住金)の社員住宅として原町団地が造成されました。それ以後、大規模な宅地開発が次々に行なわれ、東福間団地、若木台団地、光陽台団地ができ、人口が大幅に増加しました。また、東福間団地、若木台団地の完成に伴い東福間駅が造られました。高度成長期以降、ベッドタウンとして人口を伸ばし続け、合併後は一時的に人口は減少に転ずるも、福間駅周辺の区画整理事業、国道3号沿線への大型商業施設の開業などがあり、旧福間町域の人口は増加しています。福岡県福津市の人口は、総人口が63,129人(推計人口、2018年10月1日)となっております。福岡県福津市の放送受信契約数は、20, 205件で、衛星契約数は、10, 646件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。