アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 福岡県 > 福岡県北九州市八幡東区

福岡県北九州市八幡東区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

鎌倉市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

八幡東区(やはたひがしく)は、北九州市を構成する7区の行政区の一つです。官営八幡製鉄所の創業以来、製鉄業で栄えた街で、新日鐵住金八幡製鐵所があります。東田地区など区内では製鉄所の遊休地を活かした再開発が進められています。平野地区では、帆柱山系の山々が東西に裾野を広げ、国際村交流センター、国際協力機構九州国際センター(JICA九州)、現代美術センター・CCA北九州、九州国際大学などが並び、「国際交流ゾーン」としての整備が進んでいます。丸山・大谷地区では、斜面地に住宅が密集し、階段が多く、袋小路もあり、旧来からの斜面地らしい街並を残しています。地域住民の高齢化に伴い、火災や疾病など緊急時の対応への対策が急務となっています。東田地区では、土地区画整理事業が行われ、JR鹿児島本線の直線化やスペースワールド駅の開業、新産業分野の誘致、イオンモール八幡東などの商業施設の整備が進められました。また、自然、環境、歴史を学ぶ場として、北九州市立自然史・歴史博物館、北九州市環境ミュージアムが立地しています。高見地区には、北側は緑豊かな丘陵地があり、南側は旧電車通りが走り、市内各所からのアクセスが良好です。高品質なライフスタイルを志向する人々向けに提案された居住エリアで、戸建住宅や共同住宅などの整備が一体的に進められています。皿倉地区には、市民に親しまれている皿倉山があり、山頂の展望台からは北九州市の街並が一望できます。河内地区には、河内貯水池のほとりに「せせらぎ広場」やサイクリングロードが整備され、休日をのんびり過ごす環境が整えられています。健康の項に記載の通り、近年少子高齢化が顕著であり、2014年、有識者団体「日本創成会議」が発表した「消滅可能性都市」に、九州の県庁所在地・政令市内で唯一含まれています。福岡県北九州市八幡東区の人口は、総人口が65,944人(推計人口、2018年10月1日)となっております。福岡県北九州市八幡東区の放送受信契約数は、26, 547件で、衛星契約数は、13, 224件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。