福岡県春日市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

船橋市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

春日市は、北緯33度、東経130度に位置しています。九州北部、福岡都市圏の中央部に位置。福岡市の南側に隣接し、福岡市中心部まで10キロメートル圏内という地理的好条件に恵まれています。東西4キロメートル、南北5.34キロメートルのひし形に近い円形をしており、面積は14.15平方キロメートルで、福岡県内で一番面積の小さな市です。玄海灘に注ぐ、背振山系を源とする那珂川と宝満山を源とする御笠川に挟まれ、標高は、最高が上白水地区の174.5メートル、最低が須玖北地区の12.8メートルで、南から北に向けてなだらかな傾斜を持つ丘陵地です。内陸型気候に属し、年間平均気温が16.4度と、比較的温暖な気候です。年間降水量は1,239ミリメートル程度です。春日の地名は春日神社に由来します。「筑前続風土記」の「春日神社」の項には、「春日村にあり。村の名前も此神社あるによりて名つけたり」と書かれています。社記によれば、39代天智天皇が、斉明天皇の皇太子として長津の宮にあるとき、この地に天児屋根命(あめのこやねのみこと)のヒモロギ(神が宿るところ)をおかれたのが始まりとされています。そして768年、大宰府の藤原氏が、天児屋根命を祭る大和(現在の奈良県)の春日大名神を、このヒモロギの地に迎えたのが、今日の春日神社の創建とされています。春日(ハルヒ)をカスガと読むようになったのは、「ハルヒ(春日)がカスム」「春霞がカスム」という枕詞から、次第に地名のカスガにも掛かるとされ、春日をあてて使うようになったとされています。カスガの意味については、霞処(かすみが)や、神住所(カスカ)、砂れき地のことを指すなど諸説があるようです。1989年(平成元年)にJR春日駅、1990年(平成2年)にJR博多南駅が相次いで誕生し、ますます交通の便がよくなりました。1990年(平成2年)には、とびうめ国体のサッカー競技も開催。1992(平成4)年にはJR春日駅そばに新市庁舎が完成しました。1994年(平成6年)にはいきいきプラザ、1995年(平成7年)にはふれあい文化センター、2004年(平成16年)にすくすくプラザが完成し、施設も充実。1996年(平成8年)には、人口が10万人の大台に乗り、春日市は未来へ向け、ますます発展しています。福岡県春日市の人口は、総人口が111,035人(推計人口、2018年10月1日)となっております。福岡県春日市の放送受信契約数は、34, 372件で、衛星契約数は、15, 467件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。