アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 福岡県 > 福岡県北九州市小倉南区


福岡県北九州市小倉南区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

鎌倉市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

小倉南区(こくらみなみく)は、北九州市を構成する7区の行政区の一つです。面積では市域の約35%を占め、市内の7つの区の中で最も面積が広いです。北部の城野、下曽根周辺を中心に住宅地が広がるが、山間部も多く、朽網(くさみ)周辺には田畑も数多く残っています。全国的に有名な「合馬(おうま)のたけのこ」の生産地である合馬地区の竹林があります。また市内におけるベッドタウンとして発展してきたため住宅地やマンション等も多く、市の全人口の2割以上、八幡西区に次ぎ2番目に多い人口を抱え、北九州市の行政区の中でも人口が増加している区です。2006年(平成18年)3月16日に北九州空港が周防灘沖に移転・規模拡張したため発展が期待されています。北九州市の南東部に位置するため経済・生活面で行橋市・京都郡(みやこぐん)・築上郡・田川市・田川郡と深い関係を持ち、この方面からの通勤・通学者も多い他、区内から工業地帯である苅田町へ通勤する人も多いです。北九州市の東部南端に位置し、東側から北側にかけては海岸沿いからの平地が続いており、日豊本線、国道10号および東九州自動車道が通り、海岸は埋立地となっているところもあります。南西部は山地で、その間を日田彦山線および国道322号が南北に通ります。また、北東部の平地から南西部の山地を貫くようにして九州自動車道が東西方向に延びています。なお、当区沖合の周防灘の埋立地に位置する北九州空港は、北九州市の最東端地域であるが、地上からの唯一の連絡路である新北九州空港連絡道路を利用するには、隣接する苅田町を通過しなければなりません。テレビの電波直接受信については、皿倉山の八幡テレビ・FM放送所から出される電波を受けることを基本とするが、山陰に入り電波が届かない地域をカバーするために、吉田と呼野の2中継局が設けられています。旧西紫村の蒲生や下南方地区では、鷲峯山が壁となって八幡放送所からの電波を直接受信することが難しく、古くから吉田・呼野両中継局からの電波を、やや遠距離受信という形で受けています。こうした状況から、2009年(平成21年)5月までに、両中継局でも地上デジタルテレビジョン放送の中継送信を開始しました。福岡県北九州市小倉南区の人口は、総人口が210,118人(推計人口、2018年10月1日)となっております。福岡県北九州市小倉南区の放送受信契約数は、67, 676件で、衛星契約数は、31, 843件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。