アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 福岡県 > 福岡県北九州市門司区

福岡県北九州市門司区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

鎌倉市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

門司区(もじく)は、北九州市を構成する7区の行政区の一つです。九州の最北端に位置しており、企救半島の大半の地域を占めています。奈良時代には門司に関所が置かれていたことが知られ、鎌倉時代には北条得宗家の所有となり、鎌倉幕府滅亡後に足利尊氏に恩賞として与えられました。南北朝時代には周防国の大内氏が長門国と豊前国に進出し、関門海峡の両岸を支配しました。門司の領主とみられる門司能秀が文明年間に大内氏の奉行人であったことが知られています。近代は石炭の積み出しや貿易の中継基地としての役割をもつ港湾都市として栄えました。国道・鉄道の関門トンネルや高速道路の関門橋、関門連絡船など九州と本州を結ぶ交通の要所となっており、関門海峡を挟んで位置する山口県下関市との関係が強いです。また企救半島東部の周防灘に面した新門司地区にはフェリーターミナルがあり、関西方面への旅客便が就航しています。近年、中心部は門司港レトロ地区の整備により観光化が進んでいます。大里地区には、門司駅海峡側に国の登録有形文化財である「旧サッポロビール九州工場」の門司麦酒煉瓦館や周辺の煉瓦建築物が残っており、商業施設、住宅地、公園などの整備も進み、門司区の新しい顔として、「大里赤煉瓦タウン」の愛称で親しまれています。門司港レトロ地区とあわせて回遊性のある観光スポットとして注目を集めています。新門司地区は、大型の臨海産業団地や関西・関東方面への定期航路の基地である「新門司フェリーターミナル」などがあり、日本有数の物流拠点となっています。市の指定無形民俗文化財の「大積神楽」が上演される大積天疫神社、石原宗祐が私財を投じて干拓・新田開作に身を捧げた「猿喰新田・汐抜き穴」、航海の安全を見守る「僧清虚の像」や部崎灯台などの史跡も豊富にあります。また、農業や漁業が盛んであり、「豊前海一粒かき」や「豊前本ガニ」などの特産品があります。冬季には、カキ小屋が出て、たくさんの人で賑わっています。福岡県北九州市門司区の人口は、総人口が96,172人(推計人口、2018年10月1日)となっております。福岡県北九州市門司区の放送受信契約数は、37, 960件で、衛星契約数は、17, 694件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。