テレビアンテナ・地デジ工事・設置・取り付けのみずほアンテナ > 対応エリア一覧 > 福岡県 > 福岡県大川市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例


福岡県大川市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事について

令和元年調査によると大川市の放送受信契約数は11, 716件で、衛星契約数は4,290件です。2020年の新築戸建て棟上数は75件です。

大川市でアンテナ選びを迷われている方は、アンテナ専門のプロがお客様のご視聴環境に沿ってご案内させていただきます。通常、民放しか見ない方は地デジアンテナのみ設置で良いでしょう。BSCS放送や4K8K放送もご覧いただきたい場合は追加で衛星放送用のアンテナが必要です。普段見ている番組をお伝えいただければ、お客様に合ったアンテナをご提案させていただきます。

大川市で地上デジタル放送をテレビアンテナでご覧いただくためには、地上波用のアンテナ取付工事が必要です。現在、地上波用のアンテナは”デザインアンテナ”と”UHFアンテナ”の2種類からお選びいただけます。また地上波用のアンテナは、お近くの電波塔に向けて電波を受信します。お家が主要の電波塔から距離が離れている場合は、お近くの中継局から電波を受信する場合もございます。電波測定結果からアンテナを向ける電波塔を判断し、設置位置をご相談させていただきます。

大川市で4K8K放送をご覧いただくためには対応している円盤型のアンテナを取り付ける必要があります。通称”パラボラアンテナ”と言われる衛星放送用のアンテナです。4K8K放送の電波はBSCS放送と同じ衛星から受信しますので、地デジアンテナでは受信することができません。地デジも4K8Kも観たい方は、合計2つのアンテナを設置する必要があります。現在販売されているテレビは4K8K対応の商品が増えており、アンテナも4K8K対応を設置される方が増えております。もちろん後付けも可能ですが、セット価格の方がお安くなりますのでご検討くださいませ。

みずほアンテナでは年間3万件の工事実績を元に、特殊な形状のお家でも取り付け可能です。大川市に関しても周辺の電波状況等も完全に把握しており、「ここに取り付けたい」「なるべく外観を損なわずに取り付けたい」など、できる限りお客様のご要望に沿ってアンテナを取り付けさせていただきます。自社の熟練のスタッフだからこそ、安くて丁寧な工事を実現しています。また工事をしたら終わりではなく、みずほアンテナでは無料の8年保証が付いておりますので、何か問題が発生した際にはすぐにご自宅に駆け付けます。

大切なマイホームの工事は業界トップシェアを誇るみずほアンテナにお任せください。365日土日祝日も工事を承っております。即日対応も承っておりますので、アンテナ工事をご検討される方は是非一度お電話かメールにてお問い合わせください。大川市は、全域対応しております。

福岡県大川市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事のよくある質問

  • 支払い方法は現金だけですか?



    現金またはクレジットカード、キャッシュレスサービスからお選びいただけます。カードリーダーをお持ちしておりますので、工事終了後に担当スタッフにどちらかをご提示いただければその場で精算完了となります。クレジットカード会社につきましては、全てのカード会社に対応しておりますのでお好きなものをお選びください。キャッシュレスサービスをご利用の場合はスマホの画面を担当スタッフにご提示ください。どちらの支払い方法をお選びいただいても手数料などお客様の負担はございませんのでご安心くださいませ。

    また現金払いのお客様のみTポイントを付与サービスがございますので、ご利用の際はお支払いの際に一緒に担当スタッフにご提出ください。

  • テレビ視聴に不具合が生じたら?

    焦らずに発生している症状を順番に確認しましょう。

    最初に・テレビ画面にノイズが走っているのか・E201やE202などの表示が出ているのか・全く映らないのか・1つのチャンネルだけなのかetc...などテレビ画面の症状を確認しましょう。

    次に・不具合が全部屋発生しているのか・1部屋だけなのか・不具合が発生する時間帯や天候を確認しましょう。症状によって原因が特定できる場合がございます。

    テレビ視聴の不具合で一番多い原因は、配線のトラブルです。配線の抜けや差し間違い、経年劣化などお客様の手ですぐに治すことができます。次に多い原因はテレビのチャンネル設定です。テレビは初期設定の”チャンネルスキャン”をする必要があります。お持ちのテレビによって設定画面が異なりますので、説明書やメーカーに問合せてチャンネルスキャンを行ってみましょう。

    もし上記の方法を行っても症状が改善されない場合は、アンテナに不具合が発生している可能性が高いです。アンテナの不具合には、屋外配線の劣化やブースターのショート、アンテナの方向のズレなどがあり、お客様の手では改善が難しい状況になっております。症状を確認し、お客様の手で治せる場合は時間もコストもかかりません。しかしアンテナ周辺に不具合が生じている場合は、高所作業になりますのでご自身で修理をすることはお勧めいたしません。まずは簡単な配線チェックやチャンス設定を試し、改善しない場合はアンテナ業者に問い合わせみましょう。

    みずほアンテナは365日即日対応を受け付けておりますので、不具合が生じた場合はお気軽にお問い合わせくださいませ。

福岡県大川市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例について

大川市(おおかわし)は、福岡県の南西部に位置し、面積は33.62km2、総人口は32,609人(推計人口、2020年9月1日)、人口密度は970人/km2です。

大川市は家具の大生産地として知られており、市のキャッチフレーズは「めざせっ!元気・快適空間 インテリアシティおおかわ」とインテリアシティと掲げ、明るく前向きなキャッチフレーズを掲げています。福岡県の南西部、福岡市から西鉄電車とバスを乗り継いで1時間強です。市の西部を筑後川が北東から南西へと流れ、これが家具の町を形成した主因です。また市の中心部を花宗川が流れ、筑後川へ注いでいます。西部は佐賀市に接しています。木工関連産業や商業施設が多数集積しており、独立した経済圏を形成しています。久留米市への通勤率は8.1%です(平成22年国勢調査)。隣接する大木町との合併を目指し、2004年(平成16年)4月1日に大川市・大木町合併協議会を設立しましたが、2005年(平成17年)1月26日に解散しました。 また、同じく隣接する柳川市との合併を模索したが実現には至っていません。2012年(平成24年)の現在も家具の生産高日本一を維持しています。大川市とその近隣(福岡県柳川市、大木町など)地域に家具関連の企業が密集しています。輸入家具に頼らざるを得ない状況にありますが、市内を見渡すと必ず家具関連の施設が目に入るほどで、特に大川家具工業団地と呼ばれる企業の密集地帯は大川市を代表する企業の倉庫や工場がずらりと並んでいます。大川市だけでなく、隣接地域にも家具関連の企業が非常に多いですが、住宅様式の変化による据付け家具の増加、低価格な外国産の家具の登場、少子化による学習机の需要の減少、結婚の様式の変化に伴う婚礼家具などの需要が低下した現在、市内や周辺木工所などでは、廃業や倒産の連鎖が問題となっています。そこで、産官学連携などを行って、インテリア産業の復興を模索しています。

このように家具で有名なまち、大川市ですが自然に恵まれた土地を生かし、第一次産業には農業・水産業が挙げられます。大川市で有名な農産物は、春から秋は米や、秋から翌春は麦またはイグサが栽培されています。またイチゴやイチジクなどの生産も盛んです。

水産物では海苔が有名で有明海に流れ込む筑後川河口部で養殖されています。「福岡海苔」の一つに数えられます。また、エツと呼ばれるカタクチイワシ科の一種で、5月下旬から7月上旬にかけて筑後川下流域にだけ遡上します。