アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 神奈川県 > 神奈川県横浜市旭区

神奈川県横浜市旭区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

横浜市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

旭区(あさひく)は、横浜市を構成する18行政区のうちの一つです。1950年代から横浜市中心部や京浜工業地帯への通勤者のベッドタウンとして宅地化が進み、丘陵地や農地に万騎が原、上白根、左近山、ひかりが丘、横浜若葉台団地などの大規模団地が造成され人口が激増しました。1999年4月には日本最大級のよこはま動物園ズーラシアが開園し、横浜市編入以前は都筑郡に属し、郡役所が現在の都岡町に置かれましたが、後に川和町(現都筑区)に移転。隣の瀬谷区との区境は武相国境です。相模鉄道沿いの二俣川・鶴ヶ峰駅周辺地区は横浜市における主要な生活拠点(旧:副都心)に位置付けられており、2007年まで鶴ヶ峰駅南口地区において再開発事業が行われました。区内を横断する保土ヶ谷バイパスは渋滞の名所で知られるが、上川井インターチェンジから南町田北交差点間で町田立体が完成した事により、一部で渋滞は緩和されました。区の南部を相鉄本線が横断し、二俣川駅から南にいずみ野線が分岐しています。区の北西から東に帷子川が貫流し、これに国道16号(旧八王子街道)が平行します。帷子川は大幅な改修工事により旭区役所および鶴ヶ峰駅近辺において流域の移動や暗渠化を併せた整備が行われています。区を北西から南東に国道16号保土ヶ谷バイパスが貫通しており、区内の道路と接続し旭区の大動脈となっています。中央部は東西に中原街道が通っており、他にも鎌倉街道および東海道新幹線が通ります。厚木街道や八王子街道が通ることから、かつては厚木市や町田市との交流が非常に盛んでした。横浜が発展した以降はベッドタウンとして開発され、横浜都市圏の郊外部として位置づけられるようになったが、相鉄線や保土ヶ谷バイパス・大和バイパス等県西部へのアクセスが充実していることから、未だ県央県西部・多摩地域との結びつきは強いです。横浜市旭区の人口は、総人口が245,747人(推計人口、2018年10月1日)となっております。横浜市旭区の放送受信契約数は、87, 885件で、衛星契約数は、45, 843件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。