アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 神奈川県 > 神奈川県横浜市中区

神奈川県横浜市中区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

横浜市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

中区(なかく)は、横浜市を構成する18行政区のうちの一つです。神奈川県庁や横浜市庁、横浜地方裁判所、神奈川県警察本部など、神奈川県内の行政機関が集中している中心的な区です。金融機関や企業の本店・支店も多い。近年は都心回帰や、みなとみらい線開通の影響によりマンションが増えたため、人口は増加傾向にあり、横浜市で人口の4.0%(2009年10月)、面積の4.7%(同)を占めます。中区の中核駅である桜木町駅、関内駅、石川町駅、元町・中華街駅周辺地区は、横浜市における都心(ツインコア)の一つである「横浜都心」に指定されています。北部の平地には港側からビジネス街、繁華街、そして住宅街が主体になっており、中南部は内陸側が高台で「山手町」を中心としたいわゆる「山手」と呼ばれる地区は昔からの住宅地になっています。海岸側は全て埋め立てられて自然海岸は無く、北は新港・山下公園などの観光地で、南は埠頭・製油所などの重化学工業地帯で、横浜港の中心となっています。川は北部を大岡川と分流である中村川が横断しており、2002年にはタマちゃんが現れ話題になったことがああります。交通は区内の中央をJR根岸線が縦断し、国道や首都高速は北部を縦横断して中南部は海岸沿いを通っています。第二次世界大戦後は区内の大半がアメリカ軍に接収され、復興に大きな支障を来しました。1970年代から1980年代にかけて主な接収は解除となったが、現在も根岸森林公園に隣接する区南西部には南区・磯子区にまたがる根岸住宅地区が存在します。また、横浜カントリー・アンド・アスレティック・クラブ (YC&AC) などの外国人向けのスポーツクラブやインターナショナルスクールがあります。横浜を代表する有名な地域が多く、なお地域名と正式な町名が異なる所もあるので注意が必要です。横浜市中区の人口は、総人口が49,036人(推計人口、2018年10月1日)となっております。横浜市中区の放送受信契約数は、56, 422件で、衛星契約数は、33, 000件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。