アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 神奈川県 > 神奈川県横浜市青葉区

神奈川県横浜市青葉区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

横浜市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

青葉区(あおばく)は、横浜市を構成する18行政区のうちの一つです。区の東側は東名高速道路と国道246号が走っており、それに沿うようにして東急田園都市線が、区の西側には東急こどもの国線が走っています。区の北西側で東京都町田市と川崎市麻生区に、区の北東側で川崎市宮前区と接しています。区の中心を南北方向に鶴見川が流れており、川沿いは下流の緑区から続く市内でも珍しい広大な平地の農業用地となっています。その他の地域はほとんどが丘陵地帯であり、北西部を除いてほぼ全域が住宅地として開発されています。地勢上、横浜都心部よりも東京都心部に通勤通学する人が多く、このことを揶揄して「青葉都民」や「横浜都民」などとも呼ばれることがあり、東京都内への就業率は4割以上に達し、横浜市内で市外就業率が一番高いです。なお人口は市内では港北区についで2番目に多くなっています。また、東急田園都市線の市が尾駅周辺は青葉区役所、青葉警察署、県税事務所、緑税務署などを擁する行政上の区の中心部となっています。大部分は旧緑区から変更されたが旧港北区から青葉区になった地区もあります。現在の新石川四丁目20番地付近・国道246号線東京方面沿いの地区がそれで、再編前は旧港北区中川町及び牛久保町でした。この地区はマンション群があり100世帯ほどが居住しており、発足当時の青葉区役所は、緑区北部支所の場所を受け継いだものであったが、現在の青葉区役所は福祉保健センター(旧保健所・旧福祉事務所)や公会堂・スポーツセンターなどが併設された青葉区総合庁舎となっています。青葉区内では、住居表示に関する法律に基づく住居表示は実施されておらず、土地区画整理事業施行区域を含め、すべて町名と地番を整理する方法(町名地番整理)により、住所整理が実施されています。また、宅地造成事業が実施された区域などでは、町名整理が未実施であっても字区域が廃止されているところがあります(玉川学園台団地など)。町区域設定前の町名等欄で下線がある町名はその全部、それ以外はその一部であり、その町名の末尾に数字がある場合には丁目を表します。横浜市青葉区の人口は、総人口が309,626人(推計人口、2018年10月1日)となっております。横浜市青葉区の放送受信契約数は、100, 112件で、衛星契約数は、52, 784件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。