アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 神奈川県 > 神奈川県横浜市緑区

神奈川県横浜市緑区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

横浜市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

緑区(みどりく)は、横浜市を構成する18行政区のうちの一つです。区域は鶴見川流域に沿って東西に細長く、中央を鶴見川やJR横浜線が東西に縦走しています。鶴見川流域は平地であるが、南側は丘陵地となり住宅地が多く、旭区に隣接しています。北側は緑産業道路である都市計画道路川崎町田線に沿って工業団地となっています。JR横浜線や都市計画道路山下長津田線に沿って住宅地や団地が広がるが、南側丘陵部は近年宅地化された新興分譲地も多くあります。鶴見川と恩田川合流地点から上流は市内でも珍しい広大な農業用地となっており、稲作や梨生産が見られます。都市計画道路は、都市計画道路整備率は低位となっています。渋滞解消や住宅地迂回車抑制に向けた幹線道路網の整備が求められている。鉄道は、JR横浜線により区内南北が分断されています。交差路は踏切の箇所が多く、JR横浜線の沿線でもっとも踏切密度の高い地域の一つです。立体交差化による区内一体化や移動安全性の確保が課題となっています。駅周辺整備は、旧来からの駅前繁華街におけるバスターミナルや道路が狭隘であり、交通循環性確保、歩行者保護、防災性向上の側面から、計画的な再整備が必要とされています。農業は、鶴見川・恩田川合流点から上流の川沿いで盛んです。恩田川沿いは水田、谷本川沿いは「浜なし」ブランドの梨畑が広がります。工業は、鴨居駅近辺から中山駅近辺にかけて工業施設が集まっており、トステムの工場や、白山ハイテクパークという研究開発施設の集積地(ジャーマンインダストリーセンター、マクニカ、村田製作所、JVCケンウッドなど)が所在しています。商業は、区内の駅前に集中しています。なお、西部は環状4号線周辺を軸としてショッピングセンターの進出が相次いでいます。横浜市緑区の人口は、総人口が181,523人(推計人口、2018年10月1日)となっております。横浜市緑区の放送受信契約数は、60, 949件で、衛星契約数は、28, 348件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。