アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 神奈川県 > 神奈川県横浜市港南区

神奈川県横浜市港南区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

横浜市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

港南区(こうなんく)は、横浜市を構成する18行政区のうちの一つです。昭和44年(1969年)10月1日、行政区再編成により南区より分区して発足しました。かつては農村地帯が広がっていたが、1950年代から虫食い的に宅地開発が始まりました。1970年代には野庭(のば)団地、港南台団地などといった巨大団地が形成され、人口は爆発的に増加しました。発足時の人口は約9万5千人であったが、現在では約22万人の暮らす住宅都市となっています。戦後しばらくは、大岡川沿いに捺染工場が林立し、横浜名産のスカーフが生産されていました。区の北東を京浜急行本線が通り、また北東から中央部にかけて横浜市営地下鉄ブルーラインが通り、さらに南にはJR根岸線が通っています。区の中央部には横浜横須賀道路が縦断しており、鎌倉街道との交点に日野インターチェンジ、環状3号の交点に港南台インターチェンジがそれぞれ設けられています。区の南北には鎌倉街道、東から北にかけて環状2号、南には環状3号が通っています。商業地は主に上大岡駅周辺と港南台駅周辺で、区役所や警察署など官公庁は港南中央駅周辺に集中しています。特に上大岡駅周辺地区は、横浜市における主要な生活拠点(旧:副都心)位置付けられており、市街地再開発事業が進行中です。横浜市内の行政区の中で唯一、区が旧武蔵国と旧相模国に二分されています。中世には、永野小学校一帯に宅間上杉家の砦があり、そのまま後北条氏が受け継いでいます。また、笹下一帯は、佐々木氏一族間宮氏が笹下城を構え、これも後北条氏が受け継いでいます。1947年5月1日横浜市立港南中学校が開校しました。一説に、横浜市内における公的名称に「港南」が使われた初出といわれています。横浜市港南区の人口は、総人口が213,952人(推計人口、2018年10月1日)となっております。横浜市港南区の放送受信契約数は、74, 876件で、衛星契約数は、40, 530件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。