アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 神奈川県 > 神奈川県横浜市都筑区

神奈川県横浜市都筑区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

横浜市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

都筑区(つづきく)は、横浜市を構成する18区のうちのひとつで、港北NT(港北ニュータウン)センターを中心とする旧港北区の北西部(山田、中川、茅ヶ崎地区等)と旧緑区の北東部(川和、池辺、東方、荏田南、荏田東地区等)からなります。港北NTセンターは横浜市における主要な生活拠点(旧:副都心)に指定されていて、農家数では市内18区中最大です。産業は、港北ニュータウン開発前から農業が盛んであるが、現在は駅前や幹線道路沿いに大規模商業施設が立ち並んでいます。工業は、南部の鶴見川沿いは古くからの工業地帯となっており、特に池辺町は大規模工場だけでなく中小企業の工場が立ち並んでいます。また、港北ニュータウンの開発と共に、企業の本社や研究所も多く所在するようになりました。商業は、開発による人口の急増により、大規模ショッピングセンターの進出が目覚ましく、現在も数ヶ所が建設中となっています。さらに、最近はニュータウン中心部だけでなく、工業地域にあたる池辺町にもららぽーと横浜が進出しています。農業は、古くは池辺町、牛久保町、大熊町、大棚町、折本町、勝田町、川向町、茅ヶ崎町、中川町、東方町、(東・南・北)山田町など、雑木林や谷戸に囲まれた横浜の農村地帯で農業が生活の基盤でした。戦後、港北ニュータウンの中に農業を引き続き営むための「農業専用地区」が整備され、現在も東方農業専用地区などを中心に「横浜ブランド農産物」として、ホウレンソウやコマツナなど軟弱野菜の生産が意欲的に取り組まれています。ちなみに小松菜の生産量は日本一で、戦前の川和町では菊が江戸時代から栽培され、「川和の菊」として有名であり、皇族や著名人などに親しまれました。金融は、区内には都市銀行(みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行)があり、地方銀行では指定金融機関である横浜銀行と静岡銀行があります。第二地方銀行は、神奈川銀行があり、信用金庫は、横浜信用金庫、芝信用金庫、川崎信用金庫、城南信用金庫がある。農協は横浜農業協同組合があり、信用組合はありません。横浜市都筑区の人口は、総人口が211,383人(推計人口、2018年10月1日)となっております。横浜市都筑区の放送受信契約数は、64, 326件で、衛星契約数は、34, 601件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。