アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 神奈川県 > 神奈川県横浜市金沢区

神奈川県横浜市金沢区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

横浜市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

金沢区(かなざわく)は、日本の神奈川県横浜市を構成する18の行政区のうちの一つであり、横浜市18行政区の最南端に位置します。「金沢」はかつては「かねさわ」と読まれていたが、近世以降加賀藩の「かなざわ」が著名になったことから、読みが移り変わったとされています。三浦半島の東側に位置し、横浜市唯一の自然海浜である野島海岸と、市内最高峰の大丸山を有しています。区を流れる河川には、二級河川の侍従川や宮川を始め、富岡川や六浦川などがあります。行政の中心・泥亀は、湯島聖堂の儒官であった永島祐伯(号を泥亀)が新田開発を行ったことに由来します。横浜市の最南端に位置し、横須賀市、逗子市、鎌倉市、磯子区、栄区に接する。海岸線を埋め立てた金沢工業地帯と同時に造成された砂浜「海の公園」をはじめ、横浜・八景島シーパラダイスや横浜ベイサイドマリーナなど、マリンスポーツを楽しむことのできる複合施設も最近は賑わっています。古くは武蔵国倉城郡(後の久良岐郡)六浦荘という荘園が設置され、国衙(こくが)や郡衙の支配を受けない私有地でした。六浦・金沢(かねさわ)・釜利谷・富岡の4郷から成っていました。(金沢文庫#「かねさわ」と「かなざわ」も参照)。鎌倉時代には幕府隣接の港町・六浦湊として栄え、兼好法師が庵を結んだという伝承のある現在の上行寺東遺跡や、北条氏による称名寺及び金沢文庫、鎌倉市との境に残る朝比奈切通し(国の史跡)などが造られました。古来、砂鉄を産し、これが「かねさわ」の語源といわれています。鎌倉時代初期釜利谷の領主・畠山重忠は、本拠の埼玉・秩父地方から職人を移住させ、武具などを製作させ、南北朝時代、瀬ヶ崎には奥州管領・大崎詮持の居館がありました。永享の乱では合戦場となっています。富岡海岸では明治初期に外国人が海水浴を始め、明治10年代になると井上馨、三条実美、松方正義、大鳥圭介ら中央政界の要人が訪れるようになり、やがてこれら要人たちの別荘が建てられました。横浜市金沢区の人口は、総人口が199,558人(推計人口、2018年10月1日)となっております。横浜市金沢区の放送受信契約数は、74, 422件で、衛星契約数は、40, 618件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。