アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 神奈川県 > 神奈川県横浜市戸塚区

神奈川県横浜市戸塚区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

横浜市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

戸塚区(とつかく)は、横浜市を構成する18行政区のうちの一つであり、「塚」は旧字体の「塚」が使われることもあります。戸塚は、すでに鎌倉時代には鎌倉街道中ノ道が通る宿場町でした。江戸時代には東海道の宿場町として江戸を早朝に発った旅人の一泊目に当たり、さらにはかまくら道の追分もあり大いに賑わいました。明治時代になると東海道本線が開通し、戸塚駅が開業し、戸塚駅は現在でも当区主要駅となっています。近代化に伴って日立製作所など多くの企業が進出し、高度経済成長以降は丘陵地の造成が進みました。現在、東京や横浜のベッドタウンとなっています。都市整備は横浜市中心部に比べて大幅に遅れ、特に戸塚駅西口再開発事業は1962年の計画立案以来、住民の反対もあり計画が大幅に遅れました。一帯の再開発が課題となっていたものの、2007年6月より本格的な事業着手や工事が開始されました。2010年4月に商業施設トツカーナが完成しました。2012年秋に第2交通広場、戸塚区役所新庁舎などが完成し、2013年同旧庁舎より新庁舎へ移転も完了し、翌年には旧庁舎が解体されました。これにより、戦後闇市以来の歴史がある「旭町通商店街」は一部を除いて消滅し、さくらモール」は消完全に滅しました。横浜市戸塚区は、JR横浜駅とJR大船駅の丁度中間辺りに位置し、面積は横浜市18区内中で最大です。人口は同第4位。区域は北東から南西にかけて延びており、中央部を柏尾川・東海道線・国道1号が縦断しています。谷戸や沢の地形が多く、区内の交差点で渋滞の起こりやすい箇所がああります。柏尾川流域は古くからの工場が多く、ほとんどの丘陵地が住宅地として開発されています。伝説によると、「戸塚」の地名には「富塚」「十塚」「豊塚」という三つの由来があります。また、富塚八幡宮(戸塚町)の縁起には、平安時代の後期、戸塚修六郎友晴及びその子孫がこの地の開発に努力したので「戸塚」と呼ぶようになったと記述されています。横浜市戸塚区の人口は、総人口が278,975人(推計人口、2018年10月1日)となっております。横浜市戸塚区の放送受信契約数は、94, 762件で、衛星契約数は、52, 358件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。