アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 神奈川県 > 神奈川県横浜市港北区

神奈川県横浜市港北区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

横浜市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

港北区(こうほくく)は、横浜市を構成する18行政区のうちの一つであり、横浜市北東部に位置します。東急東横線沿線を中心に住宅地・商業地が発達しています。横浜線、横浜市営地下鉄沿線は緑を残しつつもニュータウンや大規模なマンションなどが立ち並び、今なお開発が進んでいます。特に、東海道新幹線が通る新横浜駅周辺は発展しており、2008年3月26日に19階建ての駅ビルであるキュービックプラザ新横浜が開業しました。同年3月15日に、すべての新幹線のぞみ号・ひかり号が同駅に停車するようになりました。小机町には、2002年6月のFIFAワールドカップの決勝の舞台と2020年東京オリンピックのサッカー会場とJリーグ横浜F・マリノスの本拠地である横浜国際総合競技場(日産スタジアム)があることでも知られます。人口・世帯数はともに横浜市のみならず、日本の政令指定都市の行政区の中で最も多いのが港北区です。横浜市政が指定する都心(ツインコア)の一つである新横浜都心(城郷地区(小机駅周辺地区)、羽沢地区(羽沢駅(仮称)周辺地区)、新羽地区(新羽・北新横浜駅周辺地区)、新横浜地区(新横浜駅周辺地区))のうち、神奈川区の羽沢地区を除くすべての地区が港北区内に所在し、それらの各周辺地区は現在活発に再開発が行われています。東急東横線沿線を中心とする区内東部には、低層の一戸建て住宅中心の閑静な住宅地が、横浜市営地下鉄沿線を中心とする西部には、マンション中心の新興住宅地が広がっています。その一方で広い区内には随所に豊かな自然も残っていることから、横浜市内でも人気の高い地域です。港北区と緑区にまたがる地域に造成された、大規模ニュータウンである港北ニュータウンは、その後の発展と人口増加により行政区が再編され、1994年に分区されて都筑区となりました。横浜市港北区の人口は、総人口が351,111人(推計人口、2018年10月1日)となっております。横浜市港北区の放送受信契約数は、123, 274件で、衛星契約数は、66, 105件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。