アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 神奈川県 > 神奈川県横浜市南区

神奈川県横浜市南区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

横浜市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

南区(みなみく)は、横浜市を構成する18行政区のうちの一つであり、18区の中で人口密度が最も高く、2位の西区(14,529人/km2)に大きく差をつけています。区の中央部を京浜急行電鉄、鎌倉街道(神奈川県道21号横浜鎌倉線)が南北に縦断して通っていて、鎌倉街道の地下には平行して横浜市営地下鉄ブルーラインが通っています。鎌倉街道に平行するように大岡川と途中で分流する中村川が流れており、さらに磯子区へ流れる堀割川も分流します。大岡川沿岸部は「大岡川プロムナード」として整備されており、桜の名所でもあり、春になると多くのサクラが咲き誇っています。北部には首都高速道路狩場線、西部には横浜横須賀道路が走っており、幹線道路周辺では大きなビルやマンションが建ち並ぶがそれ以外のところでは大半が住宅地です。南部にある弘明寺は横浜市の寺としては最古の寺であり、弘明寺観音とも呼ばれます。かつて真葛焼の窯場がありました。清水ケ丘公園は横浜高等商業学校、横浜国立大学教育学部附属横浜中学校は横浜高等工業学校(横浜国大工学部)の跡地です。横浜市こども植物園は、約80種類のバラを揃えたバラ園をはじめ、薬草園、くだもの園、自然観察林など約2000種の植物があります。横浜市環境活動支援センターは、展示温室にはバナナ、ブーゲンビリアなどの花木があり、ハーブガーテンもあります。清水ケ丘公園は、見晴らし台にあるエノキ(通称ゆずの木)が有名で、体育館や屋内プールもあります。大岡川プロムナードは、桜の名所で、南区内の大岡川沿いには約500本の桜があります。桜の時期は夜になるとぼんぼりが灯されます。弘明寺公園は、展望台、南図書館、屋外プールがあります。1943年(昭和18年)11月30日までは横浜市の中心地ともいえる中区でした。その中区から分離した際に中区の南にあることから命名されたといわれています。横浜市南区の人口は、総人口が195,225人(推計人口、2018年10月1日)となっております。横浜市南区の放送受信契約数は、68, 673件で、衛星契約数は、37, 180件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。