アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 神奈川県 > 神奈川県川崎市川崎区

神奈川県川崎市川崎区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

川崎市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

川崎区(かわさきく)は、川崎市を構成する7行政区のうちの一つであり、JR東海道線の東側(海側)の地域です。川崎区の地理は川崎市の最も東側に位置し北は多摩川と東京都大田区、南には神奈川県横浜市鶴見区に隣接しています。JR川崎駅及び京浜急行川崎駅を起点に東側の東京湾に広がった地形をしています。また、道路は、第一京浜(国道15号線)、 産業道路、首都高速神奈川1号横羽線・6号川崎線・湾岸線が通っています。また生活地域は大きく川崎駅を中心とした商業地寄りの中央地区、多摩川寄りの大師地区、横浜市寄りの田島地区の3つの地区にわかれています。農業は、江戸時代初期から川崎大師河原(現在の出来野)で梨の栽培が始まります。栽培地は次第に市内全域まで拡大していき、川崎市は関東における梨の一大産地となりました。また、明治20年代には新品種として長十郎が発見され人気を博し、一時はその栽培が全国にまで普及しました。しかし、大正以降の工業開発によって、大正末期から昭和にかけて川崎区は工業都市として発展し、区内での果樹栽培は絶息していきます。区内発祥の長十郎も、新品種として登場した幸水や豊水等の梨に押され、市場から姿を消しました。臨海部は、京浜工業地帯の中核として、大規模な石油コンビナートや製鉄所、機械・電機等大規模工場や港湾物流の倉庫等が多数集積しています。中でもJFEスチール(旧・NKK日本鋼管)の製鉄所と石油・化学メーカーの施設が集中して立地しています。東扇島と扇島は国が石油備蓄基地に指定していて、また、川崎港を有しており、貿易や倉庫業務が発展しています。川崎駅周辺は日本アイ・ビー・エムや富士通の関連会社など、情報サービス産業が集積している。川崎区のイニシャル「K」をモチーフに、多摩川と東京湾の波、都心部の高層ビル群、そして人々の活気にあふれたまちの様子など、いろいろなイメージを表現し、安全で快適なまちづくりへの期待をデザインしたものです。このマークは、日本全国に一般公募した作品の中から、各界の専門家で構成した選考委員会の審査を踏まえ、東京都文京区の横田貞二さんの作品を、区民の代表で組織した「川崎区シンボルマーク制定委員会」で決定しました。川崎市川崎区の人口は、総人口が231,530人(推計人口、2018年10月1日)となっております。川崎市川崎区の放送受信契約数は、74, 853件で、衛星契約数は、33, 967件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。