アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 神奈川県 > 神奈川県川崎市幸区

神奈川県川崎市幸区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

川崎市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

幸区(さいわいく)は、川崎市を構成する7区のうちのひとつです。かつては梅の名所として知られ、明治天皇の御幸があり、これを記念して御幸村(みゆきむら)と名付けられたのが区名の由来となっています。幸区は川崎市南東部に位置し、川崎区・中原区、横浜市の鶴見区・港北区、東京都の大田区と隣接しています。区域内の交通としては、幹線道路の国道1号線(第二京浜)が区域の東側を南北に縦断し、国道409号線(府中街道)が北側を東西に横切っています。鉄道はJR南武線と横須賀線が西側を南北に縦断しており、JR川崎、尻手、鹿島田、新川崎の4駅が立地しています。地形は、区域北西部に位置する加瀬山(標高約35m)とその周辺を除き高低差はあまりなく、平坦な土地が広がっています。区域の外縁部は多摩川、鶴見川、矢上川、の3つの河川に囲われています。区域内を流れていた二ヶ領用水の水路網の多くは、現在では暗渠化されていますが、JR南武線沿いを北端から南に向かう約1kmが水辺空間として残されています。これらの河川や水路は、緑豊かな加瀬山とあわせて区域内に残された貴重な自然環境となっています。現在の幸区の区域は、明治22(1889)年に市制・町村制が施行された時、御幸村、日吉村、住吉村に属していました。明治45(1912)年の府県境界変更では、東京府荏原郡矢口村(現在の東京都大田区)にあった古市場が、御幸村に編入されました。大正13(1924)年に、御幸村は川崎町、大師町と合併して川崎市になりました。その後、昭和12(1937)年に日吉村の一部が川崎市に編入されたことで、現在の区域全域が川崎市になりました。そして、昭和47(1972)年に川崎市が政令指定都市となったことから区制が施行され、幸区が誕生しました。明治17年(1884)に明治天皇が小向梅林に行幸(御幸)したことにちなむ「御幸村」の村名と、「幸多い」地域という願いから「幸区」と名付けられました。川崎市幸区の人口は、総人口が167,206人(推計人口、2018年10月1日)となっております。川崎市幸区の放送受信契約数は、56,799件で、衛星契約数は、28, 077件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。