アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 神奈川県 > 神奈川県川崎市宮前区

神奈川県川崎市宮前区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

川崎市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

宮前区(みやまえく)は、川崎市を構成する7行政区のうちの一つです。「人が好き 緑が好き まちが好き」という区のキャッチフレーズがあります。宮前区は多摩丘陵上に位置し、区全域で起伏に富んだ地形を有します。そのため、平地はいくつかの川に沿った地域および台地上の狭い地域のみです。そのため、坂が非常に多いのが特徴です。当区がまだ存在しなかったころ、東急田園都市線開通までは都心に近い立地を生かした農業を行うのどかな農村の体であったが、同線の開通・東名高速道路東名川崎インターチェンジの設置以降、急速に人口が増加し、都市化が進みました。もっとも、住民の多くは東京都内へ通勤・通学を行っており、東京のベッドタウンとしての位置づけが大きいです。20万人の人口を有しながら高校が1校しかないことがそれを物語っています。商業的にも高津区・青葉区・そして東京都内の比重が大きいです。近世は、水はけの良い地質から畑作農業が中心となり、江戸・東京に近い立地から、果物の栽培や花の栽培が行われていました。昭和初期に地域は川崎市に編入されて同市の一部となるが、その後も戦後しばらくは交通過疎地帯であるために、のどかな農村の体を有していたようです。もっとも、1966年(昭和41年)の田園都市線開通によって地域は激変します。東京に近いという立地から、東京のベッドタウンとして人口が急激に増加し、街も都市化します。宮前区は当初、高津区の一部に含まれていたが、人口が増加したためにその後に分区され、現在に至っています。宮前区の名前は、宮前区の地域を構成した村のひとつ、宮前村に由来します。宮前村は「みやさきむら」と読むが、宮前区が成立した際に漢字のみを継承し、読みは平易なものに改められました。川崎市宮前区の人口は、総人口が231,131人(推計人口、2018年10月1日)となっております。川崎市宮前区の放送受信契約数は、73, 699件で、衛星契約数は、36, 567件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。