アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 神奈川県 > 神奈川県横浜市泉区

神奈川県横浜市泉区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

横浜市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

泉区(いずみく)は、横浜市を構成する18行政区のうちの一つです。総面積23.56平方キロメートルは、市内18区中第9位、市総面積のうち5.42%。農地は市内最大面積となっています。横浜市の南西部に位置し、相模野台地と呼ばれる関東ローム層に覆われた比較的平坦な台地の一部で、区の西側を境川と和泉川が南北に流れ、北側を阿久和川、東側を宇田川(村岡川)が流れています。台地の辺縁には湧水が分布しており、河川流域に農業地帯が開け、製糸業が行われていました。区内は歴史的な経緯より中川地区と中和田地区から成ります。西側は境川を市境として藤沢市・大和市と接し、北側は瀬谷区・旭区、東側と南側は戸塚区と接しており、相鉄いずみ野線と横浜市営地下鉄の2本の鉄道路線、および神奈川県道22号横浜伊勢原線(通称長後街道 旧 大山道)が区を横断しています。かつて戸塚区に属し、日立製作所戸塚工場・横浜工場、ブリヂストンの従業員らのベッドタウンでもあり、戸塚とのつながりが深いことも特徴の1つです。1965年以降に市営上飯田団地、県営いちょう団地などの大規模な公営団地の建設が相次いで行われ、1976年に相鉄いずみ野線が開通して、沿線を中心に、急速に宅地開発が進みました。持ち家比率と、一戸建て率が市内一位です。区内の数カ所で渓流の蛍をみることができ、飯田団地、いちょう団地には中国残留孤児の帰国家族やインドシナの難民家族などが住み、多文化共生の試みが進められています。2014年に飯田北小学校と統合する前の旧・いちょう小学校は在校生の約半数が外国籍でした。第二次世界大戦時中は旧軍関係の施設として、和泉町の横根(現:変電所)に航空灯台、戸塚区深谷町を含む和泉町に海軍通信隊、市立中田小学校一帯に海軍桑原工兵部隊、和泉町中和田小学校近所に神奈川第2抑留所(外人隔離施設)が、それぞれ設置されました。終戦直後、長後街道は、ダグラス・マッカーサーが厚木飛行場から横浜のホテルニューグランドへ向かう際に利用した道で、中田町中西は、そのための休息所が置かれ、かつての人気玩具「ダッコちゃん」の製造工場が上飯田にありました。横浜市泉区の人口は、総人口が152,459人(推計人口、2018年10月1日)となっております。横浜市泉区の放送受信契約数は、51, 809件で、衛星契約数は、26, 831件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。