アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 神奈川県 > 神奈川県横浜市磯子区

神奈川県横浜市磯子区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

横浜市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

磯子区(いそごく)は、横浜市を構成する18行政区のうちの一つです。市の東南に位置し、根岸湾に面します。沿岸部の低地の大半は埋立地であり、それを囲むように丘陵地が広がっています。区内の大部分は宅地化されているが、南部の円海山周辺には緑地が残されています。氷取沢一帯は、大岡川の水源となっています。かつて、山手・根岸から延びる沿岸丘陵の隆起は海岸までせり出し、現在でも京急本線屏風浦駅の地名にその残影が残ります。丘陵部は横浜開港時より根岸湾遠景が尊ばれ避暑地として別邸や別荘を構えるものが多かったです。明治から昭和にかけて数回に渡り丘陵部手前の埋立てが行われ、県道(現在の国道16号)が根岸湾に沿って整備され、関内・伊勢佐木町から同区八幡橋・芦名橋を経由し杉田まで横浜市電が延伸され人口の集積が進みました。当時の区勢は国道16号や堀割川周辺から丘陵部までの低地にある住宅街に偲ぶことができます。1960年(昭和35年)頃から根岸湾の埋立てが行われ、重化学工業地帯が誕生しました。埋立に利用した土砂は丘陵部のものを利用し、その際に同時整備したのが現在の汐見台です。当初から電気・ガス等ライフラインを地下埋設にし、全車道に歩道が設置され、下水道完備、保存緑地等、昭和30年代当時としてはかなり最新構造の都市基盤をもって整備されました。昭和39年に桜木町から磯子まで国鉄(現JR東日本)根岸線が開通し1973年(昭和48年)に全通、沿線丘陵部の宅地開発も進み、昭和50年代には駅周辺のマンション建設が進み、昭和60年代まで人口が急増しました。古くからの住宅地では高齢化も進み、若年層流出により商店街の維持を困難にしている地域もあります。戦後初期にベッドタウン化を経験した区である為、今後の高齢化も他区より先行することが予測され、今後の地域活力の維持が大きな課題です。既に区民の6割以上が横浜生まれであり、中区や南区に次ぎ、区民の横浜出生比が高い区です。横浜市磯子区の人口は、総人口が166,657人(推計人口、2018年10月1日)となっております。横浜市磯子区の放送受信契約数は、60, 365件で、衛星契約数は、32, 955件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。