アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 神奈川県 > 神奈川県横浜市保土ケ谷区

神奈川県横浜市保土ケ谷区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

横浜市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

保土ケ谷区(ほどがやく)は、横浜市を構成する18行政区のうちの一つです。横浜市の中央部にあり、関東ローム層からなる多摩丘陵の南東の端にあたります。東西に5.80km、南北に7.40kmあります。関東平野にありながら起伏に富み、最高地は今井町の海抜97.0mです。帷子川・大岡川両岸の台地に、縄文時代中期以降の遺跡が発見されています。瀬戸ヶ谷から保土ケ谷駅一帯まで大規模な飛鳥時代の古代遺跡があったが、開発のため消滅しました。律令制の元で、武蔵国橘樹郡と都筑郡に属し、江戸時代まで続きました。鎌倉時代、当地を支配していた畠山重忠一族の榛谷重朝(はんがやしげとも)が、所領を伊勢神宮に寄進して土地管理を委ねられていました。この伊勢神宮の荘園は榛谷御厨(はんがやみくりや)と呼ばれ、「はんがや」が「ほどがや」へ転訛したという説があります。かつては程ヶ谷のほか、程谷、ほどが谷、などとも書いていました。室町時代末期には台頭した北条早雲の支配下となり、小机城主・北条氏尭が治めていました。地域に神社の所領として置かれた荘園の一種である「榛谷御厨(はんがやのみくりや)」から転訛したという説や、凹地などの窪んだ所という意味の古語である「ホト」のような谷という説など複数あります。「保土ヶ谷区」の表記もよく用いられるが、「横浜市区の設置並びに区の事務所の位置、名称及び所管区域を定める条例では保土ケ谷区と定められています。区内の大半が住宅街のため、スーパーなどの商業店舗は多くあり、かつては日本硝子、東洋電機製造、日本カーリット、東京大学工学部火薬研究所、保土谷化学工業、古河電池などの大規模工場が存在したが、2006年現在すべて移転しており、古河電池の本社を除き区内に関連施設は残っていません。なお、これらの工場跡は横浜ビジネスパークや大規模マンションとなっています。横浜市保土ケ谷区の人口は、総人口が205,568人(推計人口、2018年10月1日)となっております。横浜市保土ケ谷区の放送受信契約数は、73, 445件で、衛星契約数は、37, 493件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。