アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 神奈川県 > 神奈川県横浜市神奈川区

神奈川県横浜市神奈川区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

横浜市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

神奈川区(かながわく)は、横浜市を構成する18区のうちのひとつで、横浜市で初めにできた区の一つです。横浜市で9番目に大きい区です。東海道の宿場町、「神奈川宿」から区名が取られ、県名も同源です。横浜市の北東に位置する神奈川区は、東西方向に長く(約8.0km)、東は横浜港、西は緑区鴨居町に接しています。区役所は区の東側にあり、最寄り駅はJR東神奈川駅、京急仲木戸駅、東急反町駅です。平成18年10月23日に羽沢町の一部が羽沢南1〜4丁目に分割されたため、現在の最大面積は菅田町であり、JR東神奈川駅・京急仲木戸駅周辺はかなっくシティと呼ばれ、再開発が行われています。2009年10月には、東神奈川駅東口にフィットネスクラブなどの入った大型ショッピングモール(駅ビル)が完成しました。旧東海道沿いには寺社や旧跡が多く点在し、往時をしのばせており、海岸線の殆どは埋立地で、京浜工業地帯の一部であり、多数の工業施設や、横浜市中央卸売市場本場、横浜郵便集中局等の横浜市を支える施設が集中しています。そのため、入江川は国道15号をくぐると枝分かれして運河になり、工場を縫う様に貨物線も通っている。AV機器で有名なJVCケンウッド(旧・日本ビクター)の本社もこの地域にあります。大野町・金港町・栄町はヨコハマポートサイド地区として再開発が行われ、オフィスビルや高層マンションが多く建ち並ぶ地区となりました。2000年代前半には屋上の塔屋が特徴的なツインマンション「ザ・ヨコハマ・タワーズ」(約140m)が完成、2006年には金港町に大型商業施設「横浜ベイクォーター」が完成した。また、その他の高層マンションとして2007年には「ナビューレ横浜 タワーレジデンス」(約150m・ベイクォーターに隣接)、「パークタワー横浜ステーションプレミア」(約140m)、2008年には「パークタワー横浜ポートサイド」(約119m)が完成、続いてベイクォーターに隣接するオフィスビルとして2009年に「横浜ダイヤビルディング」(約157m・神奈川区で最高層)が完成しています。さらに、中央卸売市場本場を隔てた山内町・橋本町にも開発の波が広がり、コットンハーバー地区として再開発が行われています。この山内埠頭から東神奈川駅へ至る地域は「東神奈川まち・海軸」として、横浜市の重点整備地域に指定されており、2015年に策定された横浜市都心臨海部再生マスタープランにおいては五地区のうちの一つ「東神奈川臨海部周辺地区」にも含まれています。横浜市神奈川区の人口は、総人口が243,416人(推計人口、2018年10月1日)となっております。横浜市神奈川区の放送受信契約数は、86, 685件で、衛星契約数は、47, 081件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。