アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 神奈川県 > 神奈川県川崎市中原区

神奈川県川崎市中原区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

川崎市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

中原区(なかはらく)は、川崎市を構成する7行政区のうちの一つです。中原区は、昭和47年(1972年)4月に川崎市が政令指定都市に移行した際に誕生しました。川崎市のほぼ中央に位置し、区域の大部分は多摩川に抱かれた平坦部ですが、高津区や横浜市に隣接する井田地区には豊かな緑の残る丘陵地が広がります。「中原区」という名称は、江戸時代に中原御殿(平塚市)と江戸を結ぶ中原街道の中継地としての小杉に御殿と陣屋があったことに由来しています。東京都心部や横浜へのアクセスに恵まれていることもあって、人口・世帯数は7区の中で最も多くなっています。武蔵小杉駅を中心に先端企業が集積する一方、下小田中地区は県下でも有数の品質を誇るパンジーの生産で知られています。また、等々力緑地には、とどろきアリーナや川崎フロンターレのホームグランドでもある等々力陸上競技場などのスポーツ施設のほか、市民ミュージアムや釣り池など市民の憩いの場となっています。現在、武蔵小杉駅周辺では、再開発による新しいまちづくりが進んでいます。平成22年3月には、JR横須賀線武蔵小杉新駅が開業し、周辺からのアクセスが便利になりました。一方で、多摩川周辺の水辺や緑地の自然を生かして、暮らしやすく潤いのあるまちづくりを市民と協働で進めています。中原区のシンボルマークは、平成5年に区制20周年を記念し、一般公募で制定しました。「中」の字をベースに心のふれあうまちを願い、人と産業、人と文化、さらに伝統文化と最先端技術の調和を表現しています。また、中央の丸は、市の地理的中心であることを表し、上下に伸びる縦軸は未来に発展する中原区の姿を象徴しています。メインカラーはすがすがしい爽やかな中原区をイメージできるターコイズグリーンです。川崎市中原区の人口は、総人口が258,119人(推計人口、2018年10月1日)となっております。川崎市中原区の放送受信契約数は、86, 952件で、衛星契約数は、45, 780件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。