アンテナ工事・設置費用相場・施工事例> 対応エリア一覧> 静岡県のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例

静岡県のテレビアンテナ設置工事の費用・相場

地デジ:UHFアンテナ 15,000円
〜50,000円
地デジ:デザインアンテナ 20,000円
〜60,000円
BS/CSアンテナ 15,000円
~45,000円
地デジ:UHFアンテナ+BS/CSアンテナ 30,000円
~90,000円
地デジ:デザインアンテナ+BS/CSアンテナ 35,000円
~100,000円

テレビアンテナ工事の施工までの流れ

テレビアンテナ工事は、基本的にインターネット検索で業者を探し、アポイントを取ります。
みずほアンテナでは電話・メール・LINEのいずれかにて事前にお見積りをお出しします。
お見積内容にご納得いただけましたら、ご予約をお取りしご自宅にお伺いさせていただきます。

業者へ見積もり依頼を行う

電話やメールで見積依頼します。
業者によって現地見積や電話見積など算出方法が異なります。
現地見積の方が安心かもしれませんが、現地で調査をせずざっくりとした料金しか伝えてくれないケースもあるので、事前に数社電話見積を取っておくことがお勧めです。

現地調査・電波調査を行う

電話やメールで見積依頼します。
工事スタッフがご自宅にお伺いし、電波数値や設置位置をお調べします。
業者によってご自宅の外観だけを見るだけという現場調査を行う会社もあるので気を付けましょう。
みずほアンテナでは現地調査の際、梯子を使い入念に電波測定を行います。

契約する

現地調査後、提示されたお見積や施工内容に同意いただき契約書に署名後、工事が進みます。
みずほアンテナではお客様の同意なく工事をするといったことは一切なく、また工事終了後にお見積が高くなることもございません。
ご安心くださいませ。

テレビアンテナ工事業者の選び方

アンテナ専門業者による工事サービスは、料金や保証内容が似たり寄ったりです。
しかし同じ料金でも業者によって技術の差があります。
また保証年数が長い業者でも稼働人数体制によって、トラブルが起きてもすぐに駆け付けてくれないことがあります。
個人事業主による工事は相場より安いかもしれませんが、数年後サービス撤退をしているケースもあります。
テレビアンテナは永年使用する大切な存在なので、施工クオリティやアフターサービスの対応力で選ぶこともポイントです。
さらに業者によってアンテナの取り扱いカラーや型番が異なりますので、使用する製品もチェックしておきましょう。
みずほアンテナでは業界最多のカラーバリエーション、そして最新の製品をご用意しております。

静岡県の地デジ電波に関する地域特性

地デジの電波はご自宅近くの電波塔から受信します。
日本には数多くの電波塔がありますが、NHKや広域民放ができる電波塔や特定のチャンネルのみ受信できる電波塔があります。
同じ地区内でもお家によってアンテナが違う方向を向いているケースがありますが、ご自宅の立地やご視聴番組によって向ける電波塔がことなります。 「うちはどこに向けるのか?」や「○○チャンネルは受信できるのか?」と疑問に思われる方は、放送系社団法人が運営する「A-PAB」というサイト上で住所を入力すると、近くの電波塔の情報を調べることができます。
地域のローカルチャンネル、いわゆる地方局をご視聴いただきたいお客様は、アンテナ1本でローカルチャンネルが受信できない場合、もう1本アンテナを追加する必要があります。
まずは視聴したい番組や周辺のお家のアンテナをチェックしておくことがお勧めです。
周辺のお家の屋根上にアンテナがあるかどうか確認をすると、その地域で電波が受信できるのかどうかの判断目安になります。

静岡県のアンテナ工事の施工実績

もっと見る

静岡県のアンテナ工事・設置費用相場・施工事例

〜みずほアンテナ工事員からのコメント〜

みずほアンテナの静岡エリアを担当しております。
静岡は愛知県~神奈川県の間にある為、端から端までの移動距離が大変長い為に移動に一番苦労します。笑
しかし、高速からみえる富士山を眺めてると今日もお客様の為に最高の仕事をしようと思うので毎日楽しく働いております。
静岡はハウスメーカー様の拠点も多く、非常にたくさんのアンテナ工事のご依頼を頂いております。
新築に関しては特に配線処理を美しくする事を心掛け、少しでも目立たない・かっこいい施工を心掛けています。
お値段だけでは無い・施工力のみずほアンテナに是非お問合せお待ちしております。

静岡県のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

静岡県のアンテナ工事・設置・取り付け情報静岡県の都道府県別放送受信契約数は、約1,329,184件と言われております。(平成29年度末時点)次にケーブルテレビの普及率は、約432,000件(28.0%)となっております。
静岡地域、浜松地域では、2005年6月からNHK総合、教育、SBSテレビ、静岡朝日テレビ、静岡第一テレビ、テレビ静岡の地上デジタル放送が開始しました。静岡県で地上デジタル放送を受信するためには、地上デジタル受信機を用意する(チューナー、またはチューナー内蔵のテレビ)、UHFのアンテナをテレビ放送塔に合わせる(UHFアンテナはローチャンネル用が好ましい。※ケーブルテレビ、共同受信等の受信方法もあります)、それぞれの適応したチャンネルで受信する(通常は受信機で自動設定・・・チャンネル自動割当)方法があります。
地上デジタル放送を行われて、今まで使用されていたチャンネルと周波数が重複する地域があります。今までの放送は2011年まで続けられていましたが、今はその地域のチャンネルを変える必要があります。これをアナアナ変換(アナログ周波数変換)といいます。静岡県では2011年3月末までに作業をほぼ終了したとされています。この工事に伴う費用は国で負担されました。アナログ周波数変更による影響が出た市町村は、藤枝市、焼津市、島田市、志太郡大井川町、榛原郡(金谷町、榛原町、相良町、御前崎町)、小笠郡(菊川町、大東町、大須賀町、浜岡町、小笠町)、磐田郡(佐久間町、浅羽町)とされています。
静岡籠上テレビ中継局では、民放は全域が地上デジタル放送は日本平デジタルタワーまたは玉川テレビ中継局を受信します。ただし、地形の関係から日本平送信所の受信が困難な地域もあり、この場合は静岡籠上テレビ中継局用よりも高性能のアンテナを新規設置して、玉川テレビ中継局を受信することになります。

アンテナの種類を決める

アンテナの基礎知識

テレビアンテナには大きく分けて、地デジアンテナとBS/CSアンテナがあります。
地デジアンテナでは多くの方がご覧いただくニュースやバラエティ、ドラマなどの民放放送が視聴できます。
多彩なチャンネルが視聴できる衛星放送もご覧いただくご家庭では、地デジアンテナに加えてBS/CSアンテナが必要になります。
どのアンテナが良いかお迷いのお客様は、ご視聴中の番組から最適なアンテナをご提案させていただきます。

1.UHFアンテナ

地上デジタル放送の電波を受信するアンテナです。
UHFアンテナではNHKや広域民放、ローカル局を視聴することができます。
形状がいくつかあり、お魚の骨のような形の「八木式アンテナ」平面型の「デザインアンテナ」筒形の「ユニコーンアンテナ」その他にも「室内アンテナ」がございます。
アンテナの種類によって取り付け位置が異なりますが、共通して近くの電波塔に向けて取り付けます。

2.VHFアンテナ

地上アナログ放送を受信するためのアンテナです。
VHFアンテナでは地上デジタル放送を受信できないため、現在ではご自宅に取り付けられているものの、ほどんどのものが機能しておりません。形状や重量が大きいため弊社では撤去をお勧めしております。
しかしFMラジオの電波を受信することができるのでご家庭によっては使用されていることもあります。"

3.4K・8Kアンテナ

4K8Kに加えてBS/CSと呼ばれる衛星放送を受信するアンテナで、通常”パラボラアンテナ”とも呼ばれています。
4K8K放送は地デジの電波とは異なるので、視聴するにはUHFアンテナに加えてこちらのアンテナを取り付ける必要があります。
設置位置はベランダや屋根上、外壁など南西に向けて取り付けます。"

4.ブースター(増幅器)

アンテナからの電波を増幅する機器です。
電波受信レベルが低い時だけではなく、ご自宅内の部屋数や配線構造に応じても必要になります。
電波は、アンテナからお部屋のテレビにたどり着くまでに減衰する可能性があるので、何部屋かで視聴したい場合やアンテナからテレビを視聴する部屋までの距離が長い場合はブースターを取り付けます。"

6.分波器

アンテナで受信した電波を各部屋に分ける機器です。宅内の部屋数によって分配器の種類が異なります。
分配器は基本的にご自宅の建設時にメーカー側で備え付けられているものであり、屋根裏や浴室上、クローゼット上、マルチメディアボックスなど目に付きにくい部分に取り付けられています。"

アンテナ工事・取り付けとは

アンテナからの電波を「地デジ」と「BS/CS(4K8K)」に分けるための機器です。基本的に地デジとBS/CS(4K8K)の電波は、壁内の1本の配線を流れてきているため、BS/CS(4K8K)も視聴したい際は、分波器で2つの電波を分ける必要があります。
分波器はテレビ端子に接続し、誰でも簡単に取り外すことができます。

静岡県のお客様からのよくある質問

静岡県は台風が多いのですが、アンテナは強風に弱いですか?

台風や強風がアンテナに影響を及ぼしテレビが映らなくなってしまうことはあります。アンテナの設置時に電波が良好でも、雨風の影響で電波が減衰しテレビの映像に不具合が生じることもございます。ブースターを合わせて設置することで症状を軽減することもできますので、是非ご相談くだい。

保証はついていますか?

弊社では、施工技術に自信があるからこそ無料の8年保証を付与させていただいております。長く安定したテレビライフを楽しんで頂けるよう、専門スタッフがしっかりとアフターフォローも行いますので、安心してご利用ください。

立ち合いは必要ですか?

立ち合いは基本的にお願いしておりますが、一日中お立ち合いいただかなくて大丈夫です。弊社では自社雇用のスタッフが、お電話口での内容をきちんと引継ぎお伺いしております。したがって当日にご予約時と同様のご説明をいただかず、直ちに設置工事を進めさせていただきます。

古いアンテナの撤去も行ってくれますか?

弊社では古いアンテナの撤去はもちろん、その後の処分まで引き受けております。お客様の方で処分に困る心配もありません。撤去後、新しいアンテナへの交換工事も同日に行えますので、お気軽に相談窓口までご相談ください。

足場は必要ですか?

弊社では、専用の梯子をお持ちしお伺いしますので足場は必要ありません。特に3階建ての場合、業者によっては足場の取り付けが必要なケーズもございます。しかし、弊社では3階建て専用の梯子を用意しておりますので、その心配はございません。

料金の支払い

工事終了後にその場でお支払いとなります。
みずほアンテナでは現金以外にクレジットカードやキャッシュレス支払いもご利用いただけます。
業者によってはお支払方法が異なりますので事前に確認しておきましょう。

利用可能な決済方法

アンテナ工事・取り付けについて紹介

アンテナ工事・取り付けとは

戸建てでテレビを視聴するために必要な工事です。 電線から電波を引き込むケーブルテレビや光回線とは異なり、テレビアンテナは電波塔や衛星から届く目に見えない電波を受信し宅内に引き込みます。
テレビアンテナというと屋根上のイメージが強いですが、現在は外壁や屋根裏にも取り付けることができます。形状もスタイリッシュでコンパクトな平面型のものがあり、更には豊富なカラーバリエーションもあるのでご自宅の外観を損なわず取り付けることができます。
アンテナ工事はご新築だけではなく、ケーブルテレビや光回線からの切り替えとしても人気があります。

アンテナ工事・取り付けのメリット

ケーブルテレビや光回線と比較し、テレビアンテナは最初の工事費用のみで月々の利用料は無いため、ご家庭の固定費を抑えることができます。
またケーブルテレビや光回線の場合、初期費用やテレビ周辺の必要機器を購入もしくはレンタルする必要があり、更にはテレビの視聴台数を増やす際に「2台目以降は数万円」と高い開通がかかります。
比べてテレビアンテナは一つ取り付けてしまえば、端子がある全部屋ですぐにテレビがご覧いただけます。
テレビアンテナの寿命は10~20年といわれているのでケーブルテレビや光回線よりもランニングコストを大幅に抑えることができます。

テレビアンテナの工事・施工の所要時間

アンテナ工事は屋外工事に加え、屋内工事もございます。
基本的に屋外工事がメインとなりますが、屋内の配線やテレビ映りの最終チェックがございますので宅内に入らせていただきます。
施工内容にもよりますが、アンテナ工事時間は1~2時間が目安となっております。

地デジアンテナ工事 約1~2時間
地デジ+BSCSアンテナ工事 約1.5~2.5時間
BSCSアンテナ工事 約30分~1.5時間
既存アンテナ修理工事 約30分~1.5時間
既存アンテナ交換工事 約2~3時間