静岡県牧之原市

施工ブログ一覧

もっと見る

静岡県牧之原市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

島田市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

牧之原市は、静岡県の中部沿岸に位置する市です。2005年に、榛原郡旧榛原町、旧相良町が合併して誕生した、比較的新しい自治体です。市域は駿河湾の海岸線から、茶の産地として有名な牧之原台地であり、海岸沿いに住んでいる人が多いのが特徴です。市名の由来は、牧之原台地からきています。

深蒸し茶の発祥の地であり、荒茶の生産量は全国1位を誇るため、茶の栽培が盛んです。市内には地頭方漁港・平田漁港・相良漁港など小さな漁港が点在していて、おもにシラス漁などの沿岸漁業を中心に行われています。市の面積は、111.69km2。人口は、44,111人となっています(2019年10月1日現在)。気候は、沿岸部に接し、標高もそれほど高くないため、1年を通して温暖な気候となっています。また、日照時間も非常に長いことから、茶葉の生育に適した環境となっています。市内には、東海道新幹線とJ東海道本線が通っていますが、これら2つの路線の駅は、市内にはありません。最寄りの駅は、菊川市にある菊川駅、金谷駅及び六合駅となります。2009年に、牧之原市と島田市の境に静岡空港(富士山静岡空港)が開港したことで、遠方へ行くための手段が一つ増えました。牧之原市沿岸部はかつて、太平洋岸唯一の産油地でもありました。現在は石油採掘は事業停止しているが、井戸そのものと簡単な試験ができる程の設備は至るところに保存されています。イベントとして数年に一度、採掘試験を一般公開しています。沿岸に面していることから、海水浴場もいくつかあり、そのひとつが「相良サンビーチ」と呼ばれる海水浴場です。浜砂は、キメが細かいのが特徴です。この地区では海の幸、山の幸にも恵まれているため、首都圏や中京圏からの観光客が多く訪れます。牧之原市の放送受信契約数は15,073件で衛星契約数は8,754件となっています。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。牧之原市の実績も豊富で経験豊富なスタッフがお伺いいたします。毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。また、業界では最長となる8年間無料保証も取り入れておりますので、どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。