静岡県掛川市

施工ブログ一覧

もっと見る

静岡県掛川市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

掛川市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

掛川市(かけがわし)は、静岡県西部の都市であり、江戸時代に東海道の主要宿場町として、また掛川城を核とした城下町から発達した地方都市です。佐野郡、および、小笠郡に含まれ、牧之原台地のすぐ西に位置していて、安土桃山時代には山内一豊の城下町であったため、この縁で高知市(高知県)との交流関係が深いです。江戸時代には掛川藩、横須賀藩の城下町となり、東海道掛川宿、日坂宿の宿場町でもあり、2005年4月1日に、旧掛川市、大東町、大須賀町の1市2町が合併して、現在の掛川市となりました。農業が主要産業の一つであり、緑茶の栽培は全国屈指の産出量を誇っていて、牧之原市が成立するまでは、荒茶の生産量全国1位でした。東海道新幹線掛川駅や東名高速道路掛川インターチェンジとともに工業団地の誘致に成功、拠点都市としての性質を強めると同時に製造品出荷額1兆円を超える県内有数の工業都市となり、その結果、脆弱であった財政基盤は大幅に改善され、2006年には財政力指数が1.033に到達、初めて普通交付税不交付団体となりました。しかし、2006年度末には借入金総残高が1016億円に達し、実質公債費比率が18%を超過したため地方債許可団体となりました。また、「スローライフ」を宣言しており、郊外化やスプロール現象の促進とは正反対で、中心市街地の活性化で個性を強化する路線を掲げており、中心市街地活性化法(タウンマネージメント機関)の実践が顕著です。
掛川市の総人口は114,739人(推計人口、2018年4月1日)となっていて、掛川市の放送受信契約数は39, 261件で、衛星契約数は、22, 337件となっています。
新築の場合は、地デジ放送を視聴するためのアンテナを設置しなければなりません。 マンションやアパートなどの物件は、あらかじめアンテナが設置されていることがほとんどであるため、引っ越した日から地デジを視聴することができます。 しかし、新築一戸建ての場合はアンテナ工事を行い、新しくアンテナを設置しなければならないのです。 初めてアンテナ工事をするという人がほとんどだと思いますが、アンテナ工事は、素人が簡単にできるものではありません。 アンテナ工事業者に依頼をして、アンテナを設置してもらうと安心です。
みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。