静岡県磐田市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

磐田市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

磐田市(いわたし)は、静岡県西部地区の市で、旧磐田郡の一部です。奈良時代には、遠江国分寺と遠江国府が置かれ、古墳時代の900基以上の古墳が現存するなど、歴史が語りつがれている“まち”です。江戸時代には、東海道53次見付宿として繁栄するなど、東西交通の要所として発展してきました。近年では、地場産業である繊維産業に加え、金属、自動車、楽器などの工業都市として、また、農業産出額も県内屈指で農・水産物として温室メロンや茶、白ねぎ、海老芋、中国野菜、シラスなどが有名です。都市部と農村部が均衡ある発展を遂げている地域です。東海道の中間地点に位置し、交通の要所として発展してきたため、東西方向の交通体系に恵まれています。鉄道は、東海道本線が市の中央部を横断し、天竜浜名湖線が市の北部を縦断しており、住民の交通手段として日々利用されています。また道路は、東名高速道路、新東名高速道路、国道1号、150号、150号バイパス、県道、市道から構成されています。「スポーツのまち」として知られていて、Jリーグのジュビロ磐田のホームタウンであり、ジャパンラグビートップリーグのヤマハ発動機ジュビロの本拠地があります。小中学校のグラウンドの芝生化や、総合型地域スポーツクラブの育成、スポーツによる健康づくりの推進、スポーツ合宿やスポーツ大会の拠点づくりを重要整備としています。磐田スポーツ交流の里・ゆめりあのほかジュビロ磐田や静岡産業大学が本拠地を置くため、市内のいたるところにサッカー場が見られます。
磐田市の総人口は166,422人(推計人口、2018年4月1日)となっていて、磐田市の放送受信契約数は55,442件で、衛星契約数は30,343件となっています。
新築の場合は、地デジ放送を視聴するためのアンテナを設置しなければなりません。 マンションやアパートなどの物件は、あらかじめアンテナが設置されていることがほとんどであるため、引っ越した日から地デジを視聴することができます。 しかし、新築一戸建ての場合はアンテナ工事を行い、新しくアンテナを設置しなければならないのです。 初めてアンテナ工事をするという人がほとんどだと思いますが、アンテナ工事は、素人が簡単にできるものではありません。 アンテナ工事業者に依頼をして、アンテナを設置してもらうと安心です。
みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。