アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 静岡県 > 静岡県静岡市清水区

静岡県静岡市清水区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

静岡市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

清水区(しみずく)は、静岡市に3つある行政区のひとつです。2005年4月1日の政令指定都市移行と同時に発足しました。当初は旧清水市のほぼ全域を区域とし、その後2006年3月31日には旧蒲原町域が、2008年11月1日には旧由比町域が区の一部となりました。清水区は、天然の良港である清水港の発展とともに賑わい、また、東海道の宿場町として栄えてきました。現在、清水港では新興津コンテナターミナルの整備が進められ、今後も『中部横断自動車道』や『新東名高速道路』の整備が促進されることにより、グローバルな物流経済拠点として更なる発展が期待されています。これからも、歴史や多彩な文化を楽しむ環境づくりと多様な地域活動を促進し、生涯を通じて心豊かに安心して暮らせるまちづくりを目指します。ウォーターフロントエリアは、『清水マリンパーク』などの親水空間が整備され、日の出埠頭(ふとう)には毎年世界の豪華客船や帆船がたくさん寄港し、区民が海とふれあう憩いの場となっています。現在も、JR清水駅を中心とした市街地開発や『清水港ビジョン』に基づく施策が進められており、国際海洋文化都市にふさわしい基盤が整いつつあります。これからも、海や港が持つ多様なポテンシャルを活かした取組を進め、富士山を望む港まちとして、活力と賑わいの創出を目指します。羽衣伝説で知られる『三保の松原』、『日本平』や『薩埵(さった)峠』から望む富士山は美しく、『船越堤公園』や『御殿山』などは桜の名所となっています。『三保の松原』は、平成22年10月、数世紀ぶりに羽衣の松の世代交代を行いました。また、山岡鉄舟ゆかりの『鉄舟寺』、最後の元老である西園寺公望公の別荘を復元した『興津坐漁荘』、大正時代の洋館で知られる『旧五十嵐邸』、宿場の面影を残す『由比本陣公園』など歴史的な建造物も多数あります。特産物では、お茶やみかんの生産が有名で、日本でも有数なバラの生産地でもあります。水揚げ日本一を誇る冷凍マグロ、駿河湾で獲れるシラスや桜えびなどの海産物は、海の幸に恵まれたまちならではの味として親しまれています。平成21年4月に施行された『静岡市めざせ茶どころ日本一条例』との関連で、区魅力づくり事業の一環として平成22年10月に蘭字デザインコンテストを実施し、日本全国から多数の応募がありました。コンテストを通じて、清水区におけるお茶の魅力を全国に情報発信していきます。静岡県静岡市清水区の人口は、総人口が233,181人(推計人口、2018年10月1日)となっております。静岡県静岡市清水区の放送受信契約数は、87, 874件で、衛星契約数は、48, 881件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。