アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 埼玉県 > 埼玉県さいたま市見沼区

埼玉県さいたま市見沼区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

さいたま市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

見沼区(みぬまく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。さいたま市の北東部に位置していて、区名の由来である見沼は、区の西部・東部及び南部の低地に広がっていました。現在は、東部から南部には「見沼田圃」と呼ばれる田園地帯が広がり、西から南に芝川、東に加田屋川と見沼代用水東縁が流れ、埼玉県の「見沼田圃の保全・活用・創造の基本方針」により、緑地が保護されています。見沼に囲まれた中央部は台地上に属します。北東部の深作沼周辺は広大な湿地帯であったが、沼の大半が埋め立てられ住宅地が建設されています。昭和30年代、大宮市大字大谷に大谷県営住宅(現在の大宮七里住宅(団地))が造成されたのを機に、近隣に東宮下住宅(団地)等の県営住宅の建設が相次ぎ、人口が増加しました。七里駅西側や深作周辺の見沼代用水東縁の直下に活断層である綾瀬川断層が存在しており、首都圏直下型地震を引き起こすものの一つとしてハザードマップなどが作成されています。さいたま市見沼区の伝統文化である市の無形民俗文化財である獅子舞は、竹製の「摺りザサラ」と笛の音にあわせて、大獅子、中獅子、牝獅子の3頭の獅子が勇壮華麗に舞うものです。毎年8月に深作氷川神社境内で行われます。砂の万灯は、市の無形民俗文化財であり、八雲神社(東大宮1丁目)の祭礼で、その歴史は古く江戸時代前期頃に始まったといわれています。万灯組は7組あり、都市化の影響で実現できませんでしたが、平成17年にすべての万灯の奉納が、12年ぶりに実現しました。お笑い芸人の、土田晃之さんの出身地としても、さいたま市見沼区は有名です。埼玉県さいたま市見沼区の人口は、総人口が163,445人(推計人口、2018年10月1日)となっております。埼玉県さいたま市見沼区の放送受信契約数は、53, 016件で、衛星契約数は、27, 494件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。