アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 埼玉県 > 埼玉県さいたま市緑区

埼玉県さいたま市緑区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

さいたま市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

緑区(みどりく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちのひとつであり、埼玉スタジアム2002が所在しています。さいたま市が政令指定都市に移行するに当たり、旧浦和市は4つの区に分割され、西部に桜区、中心市街地を含む中央部北側に浦和区、中央部南側に南区、東部に緑区が設置されました。旧浦和市の東部に位置する緑区の区域は、おおむね尾間木地区、三室地区、美園地区の各全域と谷田地区の北東部に相当します。旧浦和市時代に見沼田圃より西の台地のほとんどの部分で区画整理事業が着手されました。昭和から現在までに東浦和駅周辺や三室地区を中心として宅地化が急速に進みました。現在も事業が続き造成工事が行われているエリア(中尾など)があります。2004年には第二産業道路の中尾-大谷口間や川口市内の区間が開通し、渋滞に悩まされていた南北の交通がスムーズになりました。市東部の副都心と位置付けられている浦和美園駅周辺では2001年からみそのウイングシティの区画整理事業が始まり、計画人口は31,200人と市内最大規模の開発が進んでいます。区名選定の際の住民投票では「緑区」は6候補中5位であったが、1位と3位にランクインしていた「浦和東区」や「東浦和区」は旧市名が入っており好ましくないと判断され、2位の「美園区」は旧美園村の村域を現在の区域がそのまま受け継いでいないことなどを理由に除外され、4位の「東区」は岩槻市がさいたま市との合併を希望していたことなどを理由に除外されたために「緑区」が繰り上げ採用となりました。一方、現在の見沼区にあたる旧大宮市東部区域の住民投票では、「緑区」が2位にランクインしていながら、それより下位(4位)の「見沼区」という区名になった上に、区内に「見沼」という地名はなく、緑区や北区に「見沼」という地名が存在します。埼玉県さいたま市緑区の人口は、総人口が122,311人(推計人口、2018年10月1日)となっております。埼玉県さいたま市緑区の放送受信契約数は、36, 915件で、衛星契約数は、19, 774件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。