テレビアンテナ・地デジ工事・設置・取り付けのみずほアンテナ > 対応エリア一覧 > 埼玉県 > 埼玉県鶴ヶ島市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例



一般的なアンテナ工事の費用相場

UHFアンテナ新規工事

17,000円〜

BS/CSアンテナ取り付け工事

18,000円〜

屋根裏アンテナ設置

23,000円〜

4K8Kアンテナ取り付け工事

22,000円〜

デザインアンテナ新規工事

22,000円〜

ブースター設置

18,000円〜


みずほアンテナの工事費用

UHFアンテナ新規工事

15,000円〜

BS/CSアンテナ取り付け工事

15,000円〜

屋根裏アンテナ設置

20,000円〜

4K8Kアンテナ取り付け工事

20,000円〜

デザインアンテナ新規工事

20,000円〜

ブースター設置

15,000円〜
業界最安値の詳しい工事料金はこちら
業界最安値の詳しい工事料金はこちら

埼玉県鶴ヶ島市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例の人気アンテナランキング

埼玉県鶴ヶ島市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例の人気アンテナランキング



BS/CSアンテナが3色から選べます!
BS/CSアンテナが3色から選べます!
通話無料 携帯電話・PHSでもOK! 0120-790-837 お電話からの受付時間:9:00~19:30
無料相談はコチラ メールは24時間対応
簡単LINEお見積もり
bn_merit

  1. メリット1|工事にかかる時間が短い

    merit_01
    みずほアンテナは月間1000件近くのご依頼をいただいている『アンテナ専門店』です。熟練の職人がお伺いしますので施工時間も短く大変ご好評をいただいております。基本的な新設工事は1時間~2時間が目安となります。
  2. メリット2|安心の8年保証サービス

    merit_02
    みずほアンテナでは熟練の職人だからこそ『8年保証』を可能にしました。
    万が一テレビが映らなくなった等のトラブルにも8年間無料でご対応させて頂いております。
  3. メリット3|引っ越し前でテレビが無くてもOK

    merit_03
    みずほアンテナでは専用の測定器を持参し電波の測定をしております。
    お引越し前でテレビが無いお客様やこれからご購入を検討のお客様でもテレビを設置すればすぐにご視聴が可能でございます。
  4. メリット4|明朗会計でお見積りくっきり

    merit_04
    みずほアンテナでは工事の前にまずはお見積りをお話しし、ご納得いただいてから工事を開始致しますので工事完了後に追加料金が発生する事はございません。
  5. メリット5|クレジットカードでのお支払が可能

    merit_05
    ほとんどすべての種類のクレジットカードが利用可能です。
    また、Tポイントカードもご利用可能でございます。
  6. メリット6|即日対応可能・夜間工事対応

    merit_06
    急にTVが映らなくなった!
    また、近隣の方のご迷惑にならない工事であれば夜間の工事も行っております。引っ越ししたけどアンテナ設置忘れてたなど緊急の工事にも喜んで対応させて頂きます。

埼玉県鶴ヶ島市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事について

令和元年調査によると鶴ヶ島市の放送受信契約数は24,193件で、衛星契約数は10,898件です。2020年の新築戸建て棟上数は308件です。 鶴ヶ島市の戸建てでテレビを視聴するには①ケーブルテレビ②光回線③テレビアンテナのいずれかの工事をしなければなりません。マンションやアパートにお住まいの場合は建物の既存設備が備わっており、壁にある丸い小さな差込口にテレビ線を繋げればすぐにテレビを視聴することができますが、戸建ての場合はご自身で業者を選び工事を手配する必要があります。 どの視聴方法が良いか迷われているお客様にはご家庭のテレビのご視聴環境からお選びいただくことをお勧めしております。ケーブルテレビや光テレビは電柱から有線できた電波をお家に引き込みます。テレビアンテナは無線できた電波をアンテナで受信し、お家に引き込みます。有線の場合、視聴できるチャンネル数が多いことや外観を損ないというメリットがありますが、一方月々の利用料が発生します。テレビアンテナの場合は初期費用のみで、月々の費用は一切発生しません。アンテナを取り付けますので外観が変化しますが、現在デザインアンテナというスタイリッシュな形状のものがございますので、従来のものより目立たずに設置をすることができます。 地デジ用のアンテナは2種類からお選びいただけます。最新のスタイリッシュなデザインアンテナ、従来のお魚の骨のような形をしたUHFアンテナがございます。デザインアンテナはお家の外観を損なわずに設置することができるので、多くのお客様からお選びいただいております。みずほアンテナでは豊富なカラーバリエーションをご用意しており、ホワイト・ベージュ・ブラックブラウン・ブラックの4色からお選びいただけます。お家の外壁のお色とアンテナのお色を合わせていただくと、目立たず設置することができます。 みずほアンテナでは年間3万件の工事実績を元に、特殊な形状のお家でも取り付け可能です。鶴ヶ島市に関しても周辺の電波状況等も完全に把握しており、「ここに取り付けたい」「なるべく外観を損なわずに取り付けたい」など、できる限りお客様のご要望に沿ってアンテナを取り付けさせていただきます。自社の熟練のスタッフだからこそ、安くて丁寧な工事を実現しています。また工事をしたら終わりではなく、みずほアンテナでは無料の8年保証が付いておりますので、何か問題が発生した際にはすぐにご自宅に駆け付けます。 大切なマイホームの工事は業界トップシェアを誇るみずほアンテナにお任せください。365日土日祝日も工事を承っております。即日対応も承っておりますので、アンテナ工事をご検討される方は是非一度お電話かメールにてお問い合わせください。鶴ヶ島市は、全域対応しております。

埼玉県鶴ヶ島市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事のよくある質問

  • 鶴ヶ島市でブースターって必要なの?

    ブースターが必要かどうかはご自宅の電波状況によって異なります。ブースターとは手のひらサイズの白い箱型の機器で、アンテナで受信した電波を増幅してくれる役割がございます。アンテナの設置時に電波が良好でも、雨風の影響で電波が減衰する可能性や各お部屋でテレビが見られるように電波を分配すると減衰してしまう可能性があります。減衰した場合、テレビの映像にノイズが走るといった症状や全く映像が映らないといった症状が出始めます。その場合、アンテナの修理業者を呼んで復旧する必要がございます。以上から、ブースターはあらかじめ電波推移を踏まえて設置を判断します。アンテナ設置時に一緒に付けることによって、不具合が発生した際の時間やコストを抑えることができます。しかし電波数値が良好であればブースターの設置は必要ございませんので、必ず付けなければいけないというものではございません。ブースターの設置が必要かどうかはお伺いした際に、ご自宅の電波数値から判断させていただきます。ご相談の元、工事を進めさせて頂きますのでご安心下さいませ。

  •  


    鶴ヶ島市でアンテナに不具合が発生したら何日で来てもらえますか?

    すぐに駆け付けます。弊社は365日土日祝問わず営業しておりますので、お問い合わせいただければ即日でお伺い可能です。まずはお電話にて症状をヒヤリングさせていただき、一緒に原因を探します。症状によっては配線やテレビの不具合によるケースもございますので、お電話の案内にて直ることもございます。お電話で直るような症状だった場合、お電話の時点で詳しい状況を聴取させていただき原因を特定いたします。無駄にお伺いしたりせず最もお客様にストレスのかからない方法での解決をご提案いたします。お電話でも解決しない場合すぐにご予約をお取りしお伺いさせていただきます。お電話でお聞きした情報を元に実際の状況を見ながら不具合が発生している場所を特定します。お電話での情報は担当スタッフにきちんと引き継いでおりますので、再度ご説明いただく必要はございません。弊社の熟練のスタッフがお伺いしますので当日中には復旧いたします。原因はアンテナの方向調整や配線やブースター、アンテナの交換などがございますが詳細をご説明させていただき、お見積とご内容にご納得いただけましたら即日工事の流れになります。不具合が発生しましたらまずは一度みずほアンテナまでお問い合わせくださいませ。

埼玉県鶴ヶ島市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例について

鶴ヶ島市は、埼玉県のほぼ中央に位置し、東京都心から約45㎞の圏内にあり、坂戸市、川越市、日高市と隣接しています。市域は、東西に約6.9㎞、南北に約4.9㎞広がり、市の面積は17.65㎢です。2021年(令和3年)5月の調査結果によると、市の人口は69,968人、世帯数は32,237世帯、人口密度は3,964人/㎢です。鶴ヶ島市の市の花は「ツツジ」です。鶴ヶ島市には昔からツツジが多く自生し、ツツジは栽培が簡単であるわりに開花期間が長く、花が散った後は緑を愛でることができます。公園、道路、一般家庭、どの場所にも最適な花であり、鶴ヶ島市民に広く親しまれています。鶴ヶ島市の市の木は「松」です。鶴ヶ島には、戦時中に松根油の生産地として指定されるほど、多くの松林がありました。また、松は木の形や品格もよく、大地に深く根を下ろして枝を広げる性質が、発展していく鶴ヶ島の象徴にふさわしいとして市の木に選ばれました。 1889年(明治22年)、五味ヶ谷村、戸宮村、脚折村、三ツ木村、高倉村、町屋村、藤金村、上新田村、中新田村、下新田村、上広谷村、太田ヶ谷村、大塚野新田、三ツ木新田の12の村と2新田が合併し、鶴ヶ島村が誕生しました。鶴ヶ島村は、1966年(昭和41年)に鶴ヶ島町へ移行し、1991年(平成3年)鶴ヶ島市へ移行しました。1975年(昭和50年)、関越自動車道が開通し、鶴ヶ島町の人口は2万人を超え、関越自動車道の開通を機に、鶴ヶ島町の経済の主体が農業から住宅・商工業へ移りました。一般国道407号線との交差箇所に鶴ヶ島ICが設置され、交通の利便性が向上したことで、企業の進出が増え、農業を主体とした地域から住宅・商工業地へと変遷を遂げました。昭和60年代には、市の人口が5万人を超えました。1996年(平成8年)、圏央鶴ヶ島ICが完成し、交通の要としての役割が高まりました。 鶴ヶ島市の歴史を語る上で、「川崎平右衛門(かわさきへいえもん)」を欠かすことはできません。川崎平右衛門は、鶴ヶ島の新田開発に多大な尽力をした人物です。川崎平右衛門は、現在の東京都府中市にあたる押立村(おしたてむら)の農家に生まれました。江戸時代に世話役に取り立てられ、1739年(元文4年)から1749年(寛延2年)までの10年間、鶴ヶ島を含む武蔵野の新田開発の立役者として大いに活躍しました。江戸時代中期の幕府は、8代将軍・徳川吉宗が「享保の改革」の柱として新田開発を進めていましたが、もともと新田に適さない地勢が多かったことや、開発の成果が不安定のうちからたくさんの年貢を納める義務が課されたことで、飢饉など不作が続くと農民が逃げてしまうなど、新田開発は思うように進まなかったようです。川崎平右衛門は、自分の村周辺が次々に荒廃していく様子に、自身がもともと農民であったこともあり居たたまれなくなり、私財を投じて、農民の立場で考えた案を次々に実行しました。農民へ食べ物を提供し、さらに、用水路を整備するなど、農民の生活が安定するような公共工事を行いました。そして、耕した面積に応じた農業用堆肥を配り、農業生産の定着を図りました。他にも、雑穀の貯蓄を勧めたり、公共工事の時には家で子守をする子どもに麦を渡したり、長期的に農民の生活が安定するよう努めました。このような偉業から平右衛門が新田世話役に起用されました。