埼玉県桶川市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

三郷市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

桶川市(おけがわし)は、埼玉県の中東部にある人口約7万4千人の市です。古くは江戸時代の五街道の一つ中山道の宿場町・桶川宿として発展し、江戸時代に周辺部で栽培されていた紅花は「桶川臙脂」としてその名を知られ、最上地方に次いで2番目の収穫高を誇っていました。現在でも中山道には蔵作りの建物など宿場町の面影を残しています。農業用地を残す一方で、近年は住宅地化も進行しています。埼玉県の中央部に位置し、市域の多くは大宮台地の上にあります。最高点は北西部の海抜25 m。市の中心を南北に国道17号、旧中山道、高崎線が通り、東西に埼玉県道12号川越栗橋線が通ります。加納地区には直下に中央構造線に関連する綾瀬川断層が存在します。市の西側、比企郡川島町との市町境付近(市町境は河川改修前の旧荒川で、今でも三日月湖など、当時の川の名残が見られる)に荒川、旧川田谷村と旧桶川町との境に江川が流れ、市の東側、久喜市との市境に元荒川が流れます。また、旧桶川町に芝川の水源、上尾町から分離、編入された旧大石村井戸木地区に鴨川の水源、旧加納村に綾瀬川の水源があります。桶川の地名は、1352年(観応3年)の足利尊氏の家臣への下文に「桶皮郷菅谷村」と記されたのが文献上最古のものです。なお、この菅谷村は現在の上尾市菅谷を指すと見られます。桶川の地名は古来からのものである為、はっきりとした由来は不明であるが、以下の2つの仮説が云われています。「沖側」に由来、「オキ」は広々とした田畑の意で、その方向である「沖側」が訛ったというものです。「起き川」に由来、芝川・鴨川等の水源が有ることから川が起こる所すなわち「起き川」になったというものです。桶皮表記が見られるのは足利文献のみであり、桶川、桶皮のどちらも当て字によるものと推測されます。埼玉県桶川市の人口は、総人口が74,351人(推計人口、2018年10月1日)となっております。埼玉県桶川市の放送受信契約数は、24, 874件で、衛星契約数は、12, 164件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。