テレビアンテナ・地デジ工事・設置・取り付けのみずほアンテナ > 対応エリア一覧 > 埼玉県 > 埼玉県桶川市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例
  • デザインアンテナ外壁工事
  • デザイン+BS/CSアンテナ新設工事
  • デザインアンテナ屋根裏設置工事
  • 4K/BS/CSアンテナ新設工事
  • 20素子アンテナ新設工事一式
  • 20素子+BS/CSアンテナ新設工事

埼玉県桶川市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例

施工実績一覧

もっと見る



一般的なアンテナ工事の費用相場

UHFアンテナ新規工事

17,000円〜

BS/CSアンテナ取り付け工事

18,000円〜

屋根裏アンテナ設置

23,000円〜

4K8Kアンテナ取り付け工事

22,000円〜

デザインアンテナ新規工事

22,000円〜

ブースター設置

18,000円〜


みずほアンテナの工事費用

UHFアンテナ新規工事

15,000円〜

BS/CSアンテナ取り付け工事

15,000円〜

屋根裏アンテナ設置

20,000円〜

4K8Kアンテナ取り付け工事

20,000円〜

デザインアンテナ新規工事

20,000円〜

ブースター設置

15,000円〜
業界最安値の詳しい工事料金はこちら
業界最安値の詳しい工事料金はこちら

埼玉県桶川市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例の人気アンテナランキング

埼玉県桶川市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例の人気アンテナランキング



BS/CSアンテナが3色から選べます!
BS/CSアンテナが3色から選べます!
通話無料 携帯電話・PHSでもOK! 0120-790-837 お電話からの受付時間:9:00~19:30
無料相談はコチラ メールは24時間対応
簡単LINEお見積もり
bn_merit

  1. メリット1|工事にかかる時間が短い

    merit_01
    みずほアンテナは月間1000件近くのご依頼をいただいている『アンテナ専門店』です。熟練の職人がお伺いしますので施工時間も短く大変ご好評をいただいております。基本的な新設工事は1時間~2時間が目安となります。
  2. メリット2|安心の8年保証サービス

    merit_02
    みずほアンテナでは熟練の職人だからこそ『8年保証』を可能にしました。
    万が一テレビが映らなくなった等のトラブルにも8年間無料でご対応させて頂いております。
  3. メリット3|引っ越し前でテレビが無くてもOK

    merit_03
    みずほアンテナでは専用の測定器を持参し電波の測定をしております。
    お引越し前でテレビが無いお客様やこれからご購入を検討のお客様でもテレビを設置すればすぐにご視聴が可能でございます。
  4. メリット4|明朗会計でお見積りくっきり

    merit_04
    みずほアンテナでは工事の前にまずはお見積りをお話しし、ご納得いただいてから工事を開始致しますので工事完了後に追加料金が発生する事はございません。
  5. メリット5|クレジットカードでのお支払が可能

    merit_05
    ほとんどすべての種類のクレジットカードが利用可能です。
    また、Tポイントカードもご利用可能でございます。
  6. メリット6|即日対応可能・夜間工事対応

    merit_06
    急にTVが映らなくなった!
    また、近隣の方のご迷惑にならない工事であれば夜間の工事も行っております。引っ越ししたけどアンテナ設置忘れてたなど緊急の工事にも喜んで対応させて頂きます。

埼玉県桶川市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事について

令和元年調査によると桶川市の放送受信契約数は25,445件で、衛星契約数は12,919件です。2020年の新築戸建て棟上数は290件です。 桶川市でアンテナ工事をするにはハウスメーカーや工務店が手配する業者に依頼するか、アンテナ専門業者や電気量販店などから選ぶことができます。ハウスメーカーや工務店が手配した業者や電気量販店で依頼した場合、料金の内訳には仲介手数料が含まれ、アンテナ専門業者での工事費用より高額になる場合や倍の料金になるケースが多いです。 工事業者を探すにはインターネット検索が主流となっています。電話やメールフォームから申し込みをして見積もりを出してもらいます。電話やメールで概算を伝えられ、実際に現地を見て明確な見積もりを提示します。現在ではお問い合わせの段階から料金を伝えてくれる業者が多いので、「見積りを取りたいけど引っ越し作業で時間がない」というお客様でも簡単に相見積もりをすることができます。みずほアンテナでは引越し業者やエアコン、カーテン取り付けなど他の工事業者とバッティングしても工事に支障はございません。引っ越し当日からテレビが観たいというお客様は、お家のお引渡し以降でしたらいつでも工事可能ですのでご希望日をスタッフにお申し付けください。 アンテナ選びを迷われている方は、アンテナ専門のプロがお客様のご視聴環境に沿ってご案内させていただきます。通常、民放しか見ない方は地デジアンテナのみ設置で良いでしょう。BSCS放送や4K8K放送もご覧いただきたい場合は追加で衛星放送用のアンテナが必要です。普段見ている番組をお伝えいただければ、お客様に合ったアンテナをご提案させていただきます。 みずほアンテナでは年間3万件の工事実績を元に、特殊な形状のお家でも取り付け可能です。桶川市に関しても周辺の電波状況等も完全に把握しており、「ここに取り付けたい」「なるべく外観を損なわずに取り付けたい」など、できる限りお客様のご要望に沿ってアンテナを取り付けさせていただきます。自社の熟練のスタッフだからこそ、安くて丁寧な工事を実現しています。また工事をしたら終わりではなく、みずほアンテナでは無料の8年保証が付いておりますので、何か問題が発生した際にはすぐにご自宅に駆け付けます。 大切なマイホームの工事は業界トップシェアを誇るみずほアンテナにお任せください。365日土日祝日も工事を承っております。即日対応も承っておりますので、アンテナ工事をご検討される方は是非一度お電話かメールにてお問い合わせください。桶川市は、全域対応しております。

埼玉県桶川市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事のよくある質問

  • 支払い方法は現金だけですか? 

    現金またはクレジットカード、キャッシュレスサービスからお選びいただけます。カードリーダーをお持ちしておりますので、工事終了後に担当スタッフにどちらかをご提示いただければその場で精算完了となります。クレジットカード会社につきましては、全てのカード会社に対応しておりますのでお好きなものをお選びください。キャッシュレスサービスをご利用の場合はスマホの画面を担当スタッフにご提示ください。どちらの支払い方法をお選びいただいても手数料などお客様の負担はございませんのでご安心くださいませ。 また現金払いのお客様のみTポイントを付与サービスがございますので、ご利用の際はお支払いの際に一緒に担当スタッフにご提出ください。 

  • テレビ視聴に不具合が生じたら?

    焦らずに発生している症状を順番に確認しましょう。 最初に・テレビ画面にノイズが走っているのか・E201やE202などの表示が出ているのか・全く映らないのか・1つのチャンネルだけなのかetc...などテレビ画面の症状を確認しましょう。 次に・不具合が全部屋発生しているのか・1部屋だけなのか・不具合が発生する時間帯や天候を確認しましょう。症状によって原因が特定できる場合がございます。 テレビ視聴の不具合で一番多い原因は、配線のトラブルです。配線の抜けや差し間違い、経年劣化などお客様の手ですぐに治すことができます。次に多い原因はテレビのチャンネル設定です。テレビは初期設定の”チャンネルスキャン”をする必要があります。お持ちのテレビによって設定画面が異なりますので、説明書やメーカーに問合せてチャンネルスキャンを行ってみましょう。 もし上記の方法を行っても症状が改善されない場合は、アンテナに不具合が発生している可能性が高いです。アンテナの不具合には、屋外配線の劣化やブースターのショート、アンテナの方向のズレなどがあり、お客様の手では改善が難しい状況になっております。 症状を確認し、お客様の手で治せる場合は時間もコストもかかりません。しかしアンテナ周辺に不具合が生じている場合は、高所作業になりますのでご自身で修理をすることはお勧めいたしません。まずは簡単な配線チェックやチャンス設定を試し、改善しない場合はアンテナ業者に問い合わせみましょう。 みずほアンテナは365日即日対応を受け付けておりますので、不具合が生じた場合はお気軽にお問い合わせくださいませ。

埼玉県桶川市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例について

桶川市は埼玉県の中央に位置し、日本列島のほぼ中央にあるとされています。市域は東西約8km、南北約4kmに広がり、面積は25.35㎢です。市の東側は元荒川を挟んで久喜市と蓮田市に、西側は荒川を境に比企郡川島町に、南側は上尾市と北足立郡伊奈町に、北側は鴻巣市と北本市に接しています。2021年(令和3年)5月の調査結果によると、市の人口は75,117人、 世帯数は33,277世帯、人口密度は2,963人/㎢です。1955年(昭和30年)、桶川町・加納村・川田谷村の1町2村が合併して桶川町が誕生し、後に桶川市へ移行しました。 市内にはJR高崎線の桶川駅が設置されています。また、市内に存する駅ではないものの、JR高崎線北上尾駅が市の南部に、埼玉新都市交通伊奈線内宿駅が市の南東部に至近であり、近隣の市民にとって利用しやすい場所にあります。自動車道路は、高速道路が首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の桶川北本ICと桶川加納ICを擁し、さらに、東北道の久喜ICや関越道の東松山ICなども桶川市民に利便性の高い立地にあります。一般国道は国道17号を中心に県道が整備され、市内の自動車移動は便利に図られています。桶川市の市木はケヤキ、市花はツツジが選定されており、市民の木にはナラ・イチョウ・泰山木・モクセイ・柿、市民の花には紅花・芝桜・アジサイ・ヒマワリ・サザンカなどたくさんの木が選ばれています。市民の花とりわけ紅花は桶川市民にとって昔から関わりの深い花です。 桶川市は、江戸時代、江戸からの立地がよく、紅花をはじめとする農作物の集散地とされ、中山道の宿場町としても栄え、繁栄の礎を築きました。農作物の中でも特に紅花は、幕末になると、山形の「最上紅花」に次いで全国二位の生産量を産出しました。当時は全国的に紅花畑が見られたとされ、桶川の紅花の生産は天明・寛政年間(1781~1801年)に江戸商人がその種子をもたらしたことに始まり、徐々に全国へ「桶川臙脂(えんじ)」の名を馳せました。最上地方では収穫が7月であるのに対し、気候が温暖な桶川では6月に収穫でき、“早庭(場)「はやば」もの”とも呼ばれ、紅花商人に歓迎されたとの記録が残っています。江戸後半になると、江戸や大阪の大都市だけでなく地方の町にも文明が行き渡り、地方の発展に伴って桶川臙脂の生産も増加したようです。紅花の当時の取引価格は、米1反あたり平均二両に対し、紅花はその倍の四両にも達し、幕末には「最上紅花」を上回る相場で取り引きされていたといいます。しかし、明治期に入ると化学染料の導入などから紅花の市場は次第に縮小していきます。それから長い年月が経ち、現代になって、一人の桶川市民によって桶川の紅花が復活します。徐々に他の市民や「桶川ロータリークラブ」など桶川の紅花に魅せられた多くの人々も紅花の栽培を始めます。そして、「桶川グリーンフェスティバル」や「市民まつり」など市のイベントで紅花の種子が無料配布されるなど、紅花を通じて歴史と伝統を見つめ直し、現代に生かそうとする気運が高まり、2006年(平成8年)の「第1回べに花まつり」の実現へ繋がりました。現在では、紅花を市民の花と定め、まちづくりのシンボルになっています。桶川西部の城山公園に程近い「べに花摘み取り園」では、広大な敷地を利用して植栽された紅花の鑑賞や摘み取りを楽しむことができます。紅花の見頃は例年6月中旬から下旬で、一面をオレンジ色が敷き詰めます。また、「べに花ふるさと館」周辺や市内各所でも紅花を鑑賞できます。