アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 埼玉県 > 埼玉県さいたま市浦和区

埼玉県さいたま市浦和区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

さいたま市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

浦和区(うらわく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つで、埼玉県庁やさいたま市役所などの行政機関が集積しています。浦和区はさいたま市中南部、東京都心から20キロメートルから30キロメートル圏に位置し、面積は約11.51平方キロメートル、区域は南北方向に細長く、東はさいたま市緑区、南は同南区、西は同中央区、北は同見沼区、同大宮区と接しています。区内には、南北方向に国道17号、旧中山道や産業道路が、東西方向には国道463号、都市計画道路田島大牧線が伸びて、道路体系の骨格を形成しています。また、JR線の3駅(浦和駅、北浦和駅、与野駅)があり、なかでも浦和駅周辺は商業・業務機能や行政機能が集積する本市の都心として、市の発展の一翼を担っています。大きくみると、JR線沿線を境に西側にはオフィス街が、東側は緑の多い住宅街が広がり、賑わいと潤いが共存するという特性を有しています。浦和区は古くから発展したまちで、その歴史は、旧中山道周辺のまち並みや神社仏閣、史跡や天然記念物などの文化財、古くから伝わる祭りなどから読み取ることができます。また、美術館や図書館、科学館、スポーツ施設、高等学校なども多く、教育・文化に関わる資源に恵まれていることが特徴です。浦和区は埼玉サッカー発祥の地でもあり、浦和駒場スタジアムは浦和レッズレディースのホームスタジアムとして親しまれています。大震災が発生し、浦和は東京や横浜からの移住者で一気に3000人以上の人口増加が起こりました。当時の人口は1万2000人程度であり、25%の増加率でした。特に前述の鹿島台エリアである別所沼周辺には、画家の移住や画家のアトリエが目立ったため、同じような理由で移住が増えた鎌倉の鎌倉文士という言葉と対になる浦和画家という言葉が生まれました。昭和初期には40人以上の画家が集住し、「さながら絵描き村である」と報道されました。アトリエの遺構は消えつつあるが、県展の開催される埼玉県立近代美術館やうらわ美術館など美術に関する施設が多くあります。戸建て住宅地建設地の余地が少なくなった近年では駅周辺を中心にマンション開発も相次ぎ、10階建て以上の高層マンションが350棟(2017年現在)と、さいたま市内で最も高層マンションが多い区でもあります。埼玉県さいたま市浦和区の人口は、総人口が160,457人(推計人口、2018年10月1日)となっております。埼玉県さいたま市浦和区の放送受信契約数は、54, 879件で、衛星契約数は、31, 088件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。