アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 埼玉県 > 埼玉県さいたま市岩槻区

埼玉県さいたま市岩槻区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

さいたま市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

岩槻区は、さいたま市の東部に位置し 見沼区・緑区に隣接しています。また、東は春日部市・越谷市、南は川口市、北は蓮田市・白岡市に隣接しています。区域面積は49.17平方キロメートル※で、東西に約4.9キロメートル、南北に約14.8キロメートルと細長い形をしています。緩やかに起伏した台地の縁や元荒川の水辺など豊かな自然環境にも富んでいます。(※国土交通省国土地理院が平成27年3月6日に公表した全国都道府県市区町村面積調において、岩槻区の面積が49.16平方キロメートルから49.17平方キロメートルに変更されました。)鉄道は、東西に走る東武野田線。主要道路は東西に国道16号、南北に国道122号・東北自動車道があり、交差部には岩槻インターチェンジが設置されています。また、現在、浦和美園駅から岩槻に向けた地下鉄7号線の延伸促進への取組が行われております。また、江戸時代より始まった人形づくりは、岩槻の伝統的地場産業として、現在に至っています。岩槻は岩槻城の城下町時代(中世)から岩槻宿を経て多くの町名が残っていたが、住居表示実施の流れにより1965年頃から、土地区画整理事業の進展によって全て消滅しました。現在では本町・東町・西町・仲町・府内などの町名となっています。渋江は交差点名、バス停名、市宿は商店街名、大工町は町内会名といったように一部名を留めているものもあります。他に、城下町時代からの町名ではないが、通称名として富士見町や栄町といった町名も存在しました。旧町名の持つ文化価値が見直され、住居表示などで失われてしまった町名を復活させようとする動きがあり、旧町名や通り名を記した石碑、プレートの設置を進めています。岩槻城下にあたる岩槻駅東口を中心として岩槻人形と呼ばれる雛人形を専門とする人形店が集積し、「人形のまち」として全国的に知られます。岩槻の名物としては特に雛人形、兜などの人形が有名です。これは日光東照宮造営に関わった職人が、名水井戸があったためその後岩槻にとどまり、江戸初期に始めたものと言われています。現在も岩槻駅周辺や人形町通り、市宿通りなどに人形店が軒を連ねます。埼玉県さいたま市岩槻区の人口は、総人口が110,771人(推計人口、2018年10月1日)となっております。埼玉県さいたま市岩槻区の放送受信契約数は、37, 228件で、衛星契約数は、16, 403件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。