アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 埼玉県 > 埼玉県さいたま市大宮区

埼玉県さいたま市大宮区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

さいたま市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

大宮区は、さいたま市の中央部に位置し、区の中心には全国有数のターミナル駅である大宮駅と県内一の商業・業務地区を擁し、その周辺には閑静な住宅地が広がっています。区内には、桜の名勝地である大宮公園や四季折々に表情を変える氷川参道、県立と市立それぞれ2つの博物館・野球場、大宮アルディージャのホームグランドであるNACK5スタジアム大宮、大宮ソニックシティ、JACK(ジャック)大宮、シーノ大宮、鉄道博物館、自治医科大学附属さいたま医療センターなどがあります。また、大宮南銀座は県下最大の歓楽街としても知られていて、桜木町の商業地地価は県庁所在地である浦和区内の地区を抜き最も高く、住宅地地価では浅間町が浦和区や南区の地区に次いで市内で3番目に高い地価となっています。 区東部は大宮台地浦和大宮支台上に、西部は与野支台上に位置し、区中央部には鴻沼川よる低地が形成されています。東側を流れる芝川、西側を流れる鴨川の周囲は海抜数メートルの沖積平野となっており、芝川沿いには見沼田圃が残ります。大宮区の名前の由来となった「大宮」の地域は、古くは武蔵国一宮・氷川神社の門前町、中山道の宿場町として栄え、その後、圏域を拡大し、鉄道のまち、商業のまち、業務都市として幾多の変遷を経て、さいたま市の交通・経済の中心地として発展を続けています。大宮区の緑化推進のシンボルとなる「区の花」を、区民の皆さんによる投票などを参考に、平成23年2月3日に「さくら」として制定しました。「さくら」を大宮区のシンボルフラワーとして、区民の皆さんに親しんでいただくために積極的な活用を図りながら、緑あふれる大宮のまちづくりを推進しています。大宮区の花「さくら」は、約1,000本もの桜があり「日本さくら名所100選」にも選ばれている大宮公園をはじめ、区内各所でその美しい姿をみることができます。埼玉県さいたま市大宮区の人口は、総人口が116,157人(推計人口、2018年10月1日)となっております。埼玉県さいたま市大宮区の放送受信契約数は、43, 217件で、衛星契約数は、24, 114件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。