アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 埼玉県 > 埼玉県さいたま市中央区

埼玉県さいたま市中央区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

さいたま市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

中央区は、さいたま市の中央部西寄りに位置します。現在の中央区の区域は、旧与野市にほぼ相当します。ただし、現区域と旧与野市域はわずかに異なっており、旧与野市の全域に加えて、同市の北東側に位置する旧浦和市上木崎1丁目、及び旧大宮市北袋町1丁目、吉敷町2丁目、錦町のそれぞれ一部も中央区に含まれます(現在の中央区新都心の一部)。これは、さいたま市が政令指定都市に移行するにあたり行政区を設定する過程で、旧3市にまたがっていた「さいたま新都心土地区画整理事業区域西側地区(さいたま新都心のうち東北本線以西の地域)」を、一体的にこの区に編入することとなったことによります。このため、中央区の面積は、旧与野市の8.29km2よりもわずかに広い8.39km2である。この面積は、さいたま市の10区の中で最も小さくなっています。区内839haのうち482.9haを宅地が占め、農地や山林はきわめて少ないです。2005年(平成17年)時点で区の全域が人口集中地区(DID)に含まれています。ただし、鴻沼川(霧敷川)の両側は市街化調整区域となっており、農地や空地がみられます。南部は昭和初期に行われた浦和耕地整理によって浦和市街地と区画を一体化して整備されたため比較的早期から宅地形成が進みました。与野の古くからの市街地(本町)は大宮台地の与野支台にあるが、区役所やさいたま市中央消防署、市立与野図書館といった行政施設の多くは、その東側の鴻沼低地におかれています。区北東端はさいたま新都心地区に含まれており、関東甲信越地方を所掌する国の行政機関やさいたまスーパーアリーナがあります。東京の都心部から約25kmの距離にあるさいたま市中央区は、さいたま市の他の区と同様、東京都心部への通勤・通学者が多く、東京の郊外都市としての性格が強いです。同時に、さいたま市内において行政・商業・業務など都市機能の集積した浦和区や大宮区への通勤・通学者も多く、これらの地域に対する郊外としての特徴も持ちます。一方で、西区や桜区に対しては、中央区から流出する通勤・通学者よりも、中央区に流入する通勤・通学者の方が多いです。埼玉県さいたま市中央区の人口は、総人口が100,765人(推計人口、2018年10月1日)となっております。埼玉県さいたま市中央区の放送受信契約数は、35, 355件で、衛星契約数は、19, 581件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。