クレジットカード他
簡単スピード見積
LINE
メール
           クレジットカード他
通話無料
無料相談はコチラ
テレビアンテナ・地デジ工事・設置・取り付けのみずほアンテナ > 対応エリア一覧 > 埼玉県 > 埼玉県吉川市のテレビアンテナ工事・費用相場・施工事例
吉川市の地デジアンテナ工事
吉川市の地デジアンテナ工事

吉川市のアンテナ工事

埼玉県吉川市にて、地デジ・テレビアンテナ工事・設置・取り付けをご検討の方は、地デジアンテナ工事専門店【みずほアンテナ】にお任せください。豊富な実績と安心の10年保証でフォローいたします!クレジットカードにも対応しており、ご相談・お見積りは無料です。
吉川市は、埼玉県の南東部に位置し、東は江戸川を挟み千葉県野田市と流山市に、西は中川を挟み越谷市と草加市に、南は三郷市に、北は松伏町に、それぞれ接しています。吉川市の面積は31.66㎢、2021年(令和3年)5月の調査結果によると、市の人口は73,212人、世帯数は31,226世帯、人口密度は2,312人/㎢です。


吉川市のアンテナ工事の料金

  • デザインアンテナ外壁工事
  • デザイン+BS/CSアンテナ新設工事
  • デザインアンテナ屋根裏設置工事
  • 4K/BS/CSアンテナ新設工事
  • 20素子アンテナ新設工事一式
  • 20素子+BS/CSアンテナ新設工事

埼玉県吉川市の施工事例

もっと見る



吉川市のみずほアンテナの工事費用

UHFアンテナ新規工事

15,000円〜

BS/CSアンテナ取り付け工事

15,000円〜

屋根裏アンテナ設置

20,000円〜

4K8Kアンテナ取り付け工事

20,000円〜

デザインアンテナ新規工事

20,000円〜

ブースター設置

15,000円〜

既存アンテナ修理

10,000円〜

既設アンテナ撤去工事

5,000円〜


業界最安値の
詳しい工事料金はこちら

埼玉県吉川市のテレビアンテナ工事・費用相場・施工事例の人気アンテナランキング

埼玉県吉川市のテレビアンテナ工事・費用相場・施工事例の人気アンテナランキング

ランキング2位
デザインアンテナ+
4K8K対応BSCSアンテナセット

ランキング1位
デザインアンテナ
ランキング3位
UHFアンテナ+
4K8K対応BSCSアンテナセット

ランキング1位
デザインアンテナ
ランキング2位
デザインアンテナ+
4K8K対応BSCSアンテナセット
ランキング3位
UHFアンテナ+
4K8K対応BSCSアンテナセット


BS/CSアンテナが3色から選べます!
BS/CSアンテナが3色から選べます!
通話無料 携帯電話・PHSでもOK! 0120-790-837 お電話からの受付時間:9:00~19:30
無料相談はコチラ メールは24時間対応
簡単LINEお見積もり
bn_merit

  1. メリット1|工事にかかる時間が短い

    merit_01
    みずほアンテナは月間1000件近くのご依頼をいただいている『アンテナ専門店』です。熟練の職人がお伺いしますので施工時間も短く大変ご好評をいただいております。基本的な新設工事は1時間~2時間が目安となります。
  2. メリット2|安心の8年保証サービス

    merit_02
    みずほアンテナでは熟練の職人だからこそ『8年保証』を可能にしました。
    万が一テレビが映らなくなった等のトラブルにも8年間無料でご対応させて頂いております。
  3. メリット3|引っ越し前でテレビが無くてもOK

    merit_03
    みずほアンテナでは専用の測定器を持参し電波の測定をしております。
    お引越し前でテレビが無いお客様やこれからご購入を検討のお客様でもテレビを設置すればすぐにご視聴が可能でございます。
  4. メリット4|明朗会計でお見積りくっきり

    merit_04
    みずほアンテナでは工事の前にまずはお見積りをお話しし、ご納得いただいてから工事を開始致しますので工事完了後に追加料金が発生する事はございません。
  5. メリット5|クレジットカードでのお支払が可能

    merit_05
    ほとんどすべての種類のクレジットカードが利用可能です。
    また、Tポイントカードもご利用可能でございます。
  6. メリット6|即日対応可能・夜間工事対応

    merit_06
    急にTVが映らなくなった!
    また、近隣の方のご迷惑にならない工事であれば夜間の工事も行っております。引っ越ししたけどアンテナ設置忘れてたなど緊急の工事にも喜んで対応させて頂きます。

吉川市のテレビアンテナ工事施工事例

吉川市平沼 UHFアンテナ+4K8KBSCSアンテナ破風板設置

破風板と呼ばれる箇所にアンテナを取り付けた施工例です。また、ビス止め箇所には錆などの劣化防止のためコーキング加工を施し、耐久性をより高める施工を行っています。

吉川市上内川 デザインアンテナ外壁設置

見た目がスタイリッシュで大人気のデザインアンテナの設置です。平面型をしているので壁に沿って設置でき耐風性に優れています。外壁色と統一し、ブラックでシックな印象となりました。

吉川市美南 BSCSアンテナベランダ設置

2階ベランダの柵にBSCSアンテナを取り付けました。ビス止めは一切行っていないので、マンションなどにお住いの方でも設置可能な方法です。BSCSアンテナを取り付ければ多様なチャンネルを楽しむことができます。


吉川市のテレビの電波事情

吉川市の地デジの電波塔は関東広域圏東京親局である東京スカイツリー、千葉県域千葉親局である千葉局、浦和局が利用されています。東京スカイツリーは墨田区押上に、千葉局は千葉市中央区都町に、浦和局は埼玉県さいたま市桜区道場にあります。視聴できるチャンネルは利用する電波塔・中継局により異なり、東京スカイツリーからはNHK総合、NHK教育、日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ、東京MXTVの8局を送信しています。東京MXTVは他局と比べて送信出力が低いため地域によっては視聴できない可能性があります。千葉局からは千葉テレビ放送の1局が、浦和局からはテレビ埼玉の1局が送信されています。東京スカイツリーと、千葉局または浦和局それぞれに向ける地デジアンテナを設置すると8局プラス1局を視聴することができます。BS/CSアンテナもあわせて設置すると、さらにチャンネルの選択肢が増えます。


 


吉川市へ電波が届く範囲



(画像引用:A-PAB「放送エリアのめやす」


 


上記の画像の通り、吉川市には十分な電波が届いています。つまり基本的にアンテナを利用して地デジ放送を視聴することができます。電波環境が良好でかつご自宅の構造が適していると、デザインアンテナを選んだり屋根裏に設置したりすることができます。デザインアンテナや屋根裏設置は八木アンテナや屋外設置と比べてアンテナが自然の影響を受けにくく、アンテナの劣化や悪天候による電波障害を低減することが期待できます。一方、電波が届きにくい地域ではアンテナ設置の際に注意すべき点があります。環境に最適なアンテナの種類を選んだり設置場所を決めたりしないとテレビ映りに支障をきたす可能性があります。例えば高性能のアンテナやブースターを設置したりアンテナに高さを出して設置したりする工夫が必要かも知れません。いずれにせよ、どのような電波環境であっても優良なアンテナ専門業者であればしっかり調査した上で最適なアンテナと設置場所を見極めるので心配ありません。

埼玉県でおすすめのアンテナ工事業者と費用の相場

吉川市について

吉川市は、埼玉県の南東部に位置し、東は江戸川を挟み千葉県野田市と流山市に、西は中川を挟み越谷市と草加市に、南は三郷市に、北は松伏町に、それぞれ接しています。吉川市の面積は31.66㎢、2021年(令和3年)5月の調査結果によると、市の人口は73,212人、世帯数は31,226世帯、人口密度は2,312人/㎢です。 現在の吉川市のあたりは農村地帯でしたが、中世(12から16世紀)には、下河辺氏・風早氏などによる荘園支配、寺領による支配、武士による支配など、支配の変遷があり、16世紀後半には、この地方一体の50戸以上の集落の吉川郷・彦成郷の二郷とその南の50戸に満たない半郷を合わせて「二郷半領」と呼ぶようになりました。「二郷半領」は吉川の古名として伝えられています。近世(江戸時代)、天領(幕府直轄領)となり、代官所の支配を受け、この頃に新田開発が推し進められ、吉川周辺は有数の水田地帯となり、「早稲米」の産地として発展し、収穫した米を江戸に積み出すため、中川を利用した舟運もあわせて発展し、吉川河岸・平沼河岸は物資の集積地として繁栄の礎を築きました。1889年(明治22年)に3ヶ村が誕生しました。3ヶ村とは、吉川・須賀・川野・川富・関・平沼・保・木売・高富・高久・中曽根・道庭・木売新田・保村中野分・富新田が合併した吉川村、三輪野江・上笹塚・会野谷・吉屋・鹿見塚・加藤・半割・飯島・土場・中井・皿沼・小松川・中島・二ツ沼・関新田が合併した三輪野江村(1895年(明治28年)には平方新田と深井新田が千葉県から編入した。)、南広島・上内川・下内川・鍋小路・川藤・拾壱軒・八子新田が合併した旭村です。1915年(大正4年)、町制施行により吉川村が吉川町に改められ、1955年(昭和30年)、吉川町、三輪野江村、旭村が合併し、新たな吉川町が誕生しました。1973年(昭和48年)の国鉄(現JR)武蔵野線の開通と吉川団地の建設を経て1991年(平成3年)には人口5万人を超えました。1996年(平成8年)の市制施行により、吉川町は吉川市へ移行しました。 吉川市は、中川、江戸川の2河川に挟まれた地形を活かし、川魚料理という食文化が根付き、「なまずの里吉川」と呼ばれています。江戸時代初期には、河岸付近に川魚料理を売り物にした料亭が軒を連ね、川魚料理は「吉川に来て、なまず、うなぎ食わずなかれ」といわれるほどの名声を得ました。また、川は周辺の人々にとって食材の宝庫、憩いの場として身近な存在で、川魚漁や川で遊ぶ子どもたちの姿が日常的に見られていました。家庭では、なまずの身を包丁でたたき、味噌などを練り込み、丸めて揚げた「なまずのたたき」などが郷土料理として親しまれてきました。中川と江戸川に親しんできた歴史や文化が、吉川が「なまずの里」と呼ばれる理由です。近年は、市内でなまずの養殖が行われ、なまずに関連した事業が行われたり、グッズが販売されたりしています。JR武蔵野線吉川駅南口ロータリーには、「なまずの里吉川」を象徴する「金色のなまずモニュメント」が設置されています。

吉川市のみずほアンテナ事業所・店舗基本情報

店名 みずほアンテナ 埼玉営業所
住所 〒337-0003 埼玉県さいたま市見沼区深作1-36-8
電話番号 0120-790-837
営業時間 9:00~19:30
定休日 年中無休