アンテナ工事TOP > 対応エリア一覧 > 埼玉県 > 埼玉県さいたま市南区

埼玉県さいたま市南区のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

さいたま市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

埼玉県さいたま市の南端に位置し、南側を川口市、蕨市、戸田市に接する。旧浦和市の中央部南側に相当します。区の北側は浦和区に面しており、旧浦和市の中心市街地に近接しています。さいたま市が政令指定都市に移行するに当たり、旧浦和市域は4つに分割され、西部に桜区、中心市街地を含む中央部北側に浦和区、中央部南側に南区、東部に緑区が設置されました。中央部南側に位置する南区の区域は、六辻地区のほぼ全域、北部を除く谷田地区の大部分、土合地区のうち鹿手袋・関・四谷、および西浦和地区(1963年(昭和38年)に戸田町(現:戸田市)から旧浦和市に編入された地域)で構成されます。南区は東北東~西南西方向に細長く、区北東部には、区の西寄りの武蔵浦和駅前にある南区役所よりも、緑区役所の方が格段に近い地区もあります。このように、区役所から距離のある地域までが南区に含まれているのは、武蔵野線の南浦和駅~東浦和駅間に新駅を設置する構想があり、将来的な鉄道交通による区役所アクセスを考慮して区域が設定されたためです。南区は、大宮台地(北足立台地)浦和大宮支台の南端部から、その南側の川口低地にまたがり、桜区や川口市・蕨市・戸田市に近い区の西部や南部は標高が低く、浦和区や緑区に近い区の北部や東部はやや標高が高いです。また、大宮台地には、藤右衛門川などの中小河川が入り込み、谷底平野が形成されています。南区では、低地と台地の境界付近に荒川(古入間川)の流路や自然堤防の痕跡がみられます。谷底平野の出口に位置する別所沼や白幡沼は、このような旧流路の自然堤防の堆積物にせき止められた水によって形成されたと考えられています。区の西側には荒川が流れており、朝霞市との境をなしています。埼玉県さいたま市南区の人口は、総人口が188,462人(推計人口、2018年10月1日)となっております。埼玉県さいたま市南区の放送受信契約数は、60, 170件で、衛星契約数は、33, 582件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。