テレビアンテナ・地デジ工事・設置・取り付けのみずほアンテナ > 対応エリア一覧 > 埼玉県 > 埼玉県狭山市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例
  • デザインアンテナ外壁工事
  • デザイン+BS/CSアンテナ新設工事
  • デザインアンテナ屋根裏設置工事
  • 4K/BS/CSアンテナ新設工事
  • 20素子アンテナ新設工事一式
  • 20素子+BS/CSアンテナ新設工事

埼玉県狭山市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例

施工実績一覧

もっと見る



一般的なアンテナ工事の費用相場

UHFアンテナ新規工事

17,000円〜

BS/CSアンテナ取り付け工事

18,000円〜

屋根裏アンテナ設置

23,000円〜

4K8Kアンテナ取り付け工事

22,000円〜

デザインアンテナ新規工事

22,000円〜

ブースター設置

18,000円〜


みずほアンテナの工事費用

UHFアンテナ新規工事

15,000円〜

BS/CSアンテナ取り付け工事

15,000円〜

屋根裏アンテナ設置

20,000円〜

4K8Kアンテナ取り付け工事

20,000円〜

デザインアンテナ新規工事

20,000円〜

ブースター設置

15,000円〜
業界最安値の詳しい工事料金はこちら
業界最安値の詳しい工事料金はこちら

埼玉県狭山市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例の人気アンテナランキング

埼玉県狭山市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例の人気アンテナランキング



BS/CSアンテナが3色から選べます!
BS/CSアンテナが3色から選べます!
通話無料 携帯電話・PHSでもOK! 0120-790-837 お電話からの受付時間:9:00~19:30
無料相談はコチラ メールは24時間対応
簡単LINEお見積もり
bn_merit

  1. メリット1|工事にかかる時間が短い

    merit_01
    みずほアンテナは月間1000件近くのご依頼をいただいている『アンテナ専門店』です。熟練の職人がお伺いしますので施工時間も短く大変ご好評をいただいております。基本的な新設工事は1時間~2時間が目安となります。
  2. メリット2|安心の8年保証サービス

    merit_02
    みずほアンテナでは熟練の職人だからこそ『8年保証』を可能にしました。
    万が一テレビが映らなくなった等のトラブルにも8年間無料でご対応させて頂いております。
  3. メリット3|引っ越し前でテレビが無くてもOK

    merit_03
    みずほアンテナでは専用の測定器を持参し電波の測定をしております。
    お引越し前でテレビが無いお客様やこれからご購入を検討のお客様でもテレビを設置すればすぐにご視聴が可能でございます。
  4. メリット4|明朗会計でお見積りくっきり

    merit_04
    みずほアンテナでは工事の前にまずはお見積りをお話しし、ご納得いただいてから工事を開始致しますので工事完了後に追加料金が発生する事はございません。
  5. メリット5|クレジットカードでのお支払が可能

    merit_05
    ほとんどすべての種類のクレジットカードが利用可能です。
    また、Tポイントカードもご利用可能でございます。
  6. メリット6|即日対応可能・夜間工事対応

    merit_06
    急にTVが映らなくなった!
    また、近隣の方のご迷惑にならない工事であれば夜間の工事も行っております。引っ越ししたけどアンテナ設置忘れてたなど緊急の工事にも喜んで対応させて頂きます。

埼玉県狭山市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事について

令和元年調査によると狭山市の放送受信契約数は56,500件で、衛星契約数は25,796件です。2020年の新築戸建て棟上数は595件です。 狭山市でアンテナ選びを迷われている方は、アンテナ専門のプロがお客様のご視聴環境に沿ってご案内させていただきます。通常、民放しか見ない方は地デジアンテナのみ設置で良いでしょう。BSCS放送や4K8K放送もご覧いただきたい場合は追加で衛星放送用のアンテナが必要です。普段見ている番組をお伝えいただければ、お客様に合ったアンテナをご提案させていただきます。4K8K放送をご覧いただくためには対応している円盤型のアンテナを取り付ける必要があります。通称”パラボラアンテナ”と言われる衛星放送用のアンテナです。4K8K放送の電波はBSCS放送と同じ衛星から受信しますので、地デジアンテナでは受信することができません。地デジも4K8Kも観たい方は、合計2つのアンテナを設置する必要があります。現在販売されているテレビは4K8K対応の商品が増えており、アンテナも4K8K対応を設置される方が増えております。もちろん後付けも可能ですが、セット価格の方がお安くなりますのでご検討くださいませ。 工事業者を探すにはインターネット検索が主流となっています。電話やメールフォームから申し込みをして見積もりを出してもらいます。電話やメールで概算を伝えられ、実際に現地を見て明確な見積もりを提示します。現在ではお問い合わせの段階から料金を伝えてくれる業者が多いので、「見積りを取りたいけど引っ越し作業で時間がない」というお客様でも簡単に相見積もりをすることができます。 みずほアンテナでは年間3万件の工事実績を元に、特殊な形状のお家でも取り付け可能です。狭山市に関しても周辺の電波状況等も完全に把握しており、「ここに取り付けたい」「なるべく外観を損なわずに取り付けたい」など、できる限りお客様のご要望に沿ってアンテナを取り付けさせていただきます。自社の熟練のスタッフだからこそ、安くて丁寧な工事を実現しています。また工事をしたら終わりではなく、みずほアンテナでは無料の8年保証が付いておりますので、何か問題が発生した際にはすぐにご自宅に駆け付けます。 大切なマイホームの工事は業界トップシェアを誇るみずほアンテナにお任せください。365日土日祝日も工事を承っております。即日対応も承っておりますので、アンテナ工事をご検討される方は是非一度お電話かメールにてお問い合わせください。狭山市は、全域対応しております。

埼玉県狭山市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例のアンテナ工事のよくある質問

  • 狭山市でブースターって必要なの? 

    ブースターが必要かどうかはご自宅の電波状況によって異なります。ブースターとは手のひらサイズの白い箱型の機器で、アンテナで受信した電波を増幅してくれる役割がございます。アンテナの設置時に電波が良好でも、雨風の影響で減衰する可能性や各お部屋でテレビが見られるように電波を分配すると減衰してしまう可能性があります。減衰した場合、テレビの映像にノイズが走るといった症状や全く映像が映らないといった症状が出始めます。その場合、アンテナの修理業者を呼んで復旧する必要がございます。以上から、ブースターはあらかじめ電波推移を踏まえて設置を判断します。アンテナ設置時に一緒に付けることによって、不具合が発生した際の時間やコストを抑えることができます。しかし電波数値が良好であればブースターの設置は必要ございませんので、必ず付けなければいけないというものではございません。ブースターの設置が必要かどうかはお伺いした際に、ご自宅の電波数値から判断させていただきます。ご相談の元、工事を進めさせて頂きますのでご安心下さいませ。

  • テレビ視聴に不具合が生じたら?

    焦らずに発生している症状を順番に確認しましょう。 最初にテレビ画面にノイズが走っているのか、E201やE202などの表示が出ているのか、全く映らないのか、1つのチャンネルだけなのかetc...などテレビ画面の症状を確認しましょう。 次に・不具合が全部屋発生しているのか・1部屋だけなのか・不具合が発生する時間帯や天候を確認しましょう。症状によって原因が特定できる場合がございます。 テレビ視聴の不具合で一番多い原因は、配線のトラブルです。配線の抜けや差し間違い、経年劣化などお客様の手ですぐに治すことができます。次に多い原因はテレビのチャンネル設定です。テレビは初期設定の”チャンネルスキャン”をする必要があります。お持ちのテレビによって設定画面が異なりますので、説明書やメーカーに問合せてチャンネルスキャンを行ってみましょう。 もし上記の方法を行っても症状が改善されない場合は、アンテナに不具合が発生している可能性が高いです。アンテナの不具合には、屋外配線の劣化やブースターのショート、アンテナの方向のズレなどがあり、お客様の手では改善が難しい状況になっております。 症状を確認し、お客様の手で治せる場合は時間もコストもかかりません。しかしアンテナ周辺に不具合が生じている場合は、高所作業になりますのでご自身で修理をすることはお勧めいたしません。まずは簡単な配線チェックやチャンス設定を試し、改善しない場合はアンテナ業者に問い合わせみましょう。 みずほアンテナは365日即日対応を受け付けておりますので、不具合が生じた場合はお気軽にお問い合わせくださいませ。

埼玉県狭山市のテレビアンテナ・地デジ工事・設置・費用相場・施工事例について

狭山市は埼玉県の南西部に位置し、入間市、川越市、所沢市、飯能市、日高市に囲まれています。狭山市の面積は48.99㎢で、2021年(令和3年)4月調査結果によると人口は149,828人、世帯数は70,221世帯であり、人口密度は3,058人/㎢です。狭山市は南西から北東へ流れる入間川とその低地を挟んで北西側は入間台地、南東側は武蔵野台地があります。武蔵野台地北西端に国道16号があり、国道16号と並行して走る西武新宿線の狭山市駅は狭山市の中心市街地です。狭山市は入間市、所沢市とともに「狭山茶」の主産地であり「狭山茶」に由来して”狭山市”と名付けられました。 狭山市の市花は”つつじ”です。つつじは狭山市内の山野に多く自生しており、古くから”稲荷山公園のつつじ”として狭山市民に親しまれている花です。狭山市の市木は”茶の木”です。狭山市は狭山茶の名産地の一つであり、茶の木が最も狭山市を表しているとして選ばれました。狭山市の市鳥は”おなが”です。おながは狭山市内に一番多く見られ、尾の長い姿や色が優美なところから狭山市のイメージに合う鳥として決まりました。 1876年(明治9年)、埼玉県内初の機械製糸工場が上広瀬村に創設され、群馬県富岡や福島県二本松と並び国内屈指の優等品を生産する製糸工場となり、海外にも輸出されました。1938年(昭和13年)に南西部から豊岡町(入間市)にかけて開校した陸軍航空士官学校は、現在は航空自衛隊入間基地となっています。1954年(昭和29)、埼玉県の15番目の市として狭山市が誕生しました。狭山市は入間川町、入間村、堀兼村、奥富村、柏原村、水富村の1町5村の合併により発足し、発足当時の人口は31,030人でした。1962年(昭和37年)から1965年(昭和40年)にかけて狭山市と川越市にまたがる約247万㎢の地に川越・狭山工業団地が造成され自動車製造業など多くの企業が工場を持ち、1973年(昭和48年)には上広瀬・柏原地区に狭山工業団地も完成し、1982年(昭和57年)には製造品出荷額が埼玉県第一位となり現在も埼玉県内有数の工業都市を維持しています。1975年(昭和50年)以降、狭山台団地とつつじ野団地の住宅団地が2つ建てられ、東京都心からの利便性や優れた環境から住宅地としての需要が増え人口が急増し、1985年(昭和60年)には市内の人口が15万人を超えました。1979年(昭和54年)、西武新宿線の入間川駅が狭山市駅と改称されました。都市化が進む一方、都市公園が整備され、自然そのままの森林と整備された菖蒲園、公共施設が点在する智光山公園、芝生と桜が見事な県営狭山稲荷山公園、自然林に囲まれた赤坂の森など公園がおおよそ200箇所あります。公園は癒しやイベントの場所であると同時に災害時には避難場所などにも利用されます。狭山市は都市と緑が共存するまちです。