テレビアンテナを修理したい!料金の相場はどれくらい?

一戸建てを新築する前に知っておくと役立つのに、意外と知らないことがいくつかあります。

そのなかの一つが、テレビアンテナの修理に関する知識です。

発生する頻度は高くありませんが、テレビアンテナも故障することがあります。

その原因としては、経年劣化の他に強風や積雪による損壊が一般的です。

テレビが映りにくくなった場合、最終的にはアンテナの故障を疑う必要があります。

その際の点検や修理は専門業者に依頼するしかありませんが、知識不足のまま業者に依頼するのは不安なものです。

そこで、このコラムではアンテナの修理代金の相場・アンテナの寿命・故障かどうかの見極め方・業者に相談する際の注意点といった、テレビアンテナの修理に関する4つのポイントを紹介します。

 

 

【故障の原因によっても違う?修理代の相場】

 

テレビアンテナ修理の料金相場は故障の原因によって異なります。

たとえば、最も料金が高くなるのは、アンテナ自体を交換する必要がある故障の場合です。

原因としては、寿命による劣化・台風などの強風や積雪による損壊が考えられます。

アンテナ自体を交換する際の料金は、新築一戸建てにテレビアンテナを設置する場合を参考にすると、UHFアンテナ(地上デジタル放送用)であれば20,000円前後、パラボラアンテナ(BS・CS放送用)なら10,000円程度が相場です。

ただ、この料金にアンテナの撤去費用と新しいアンテナ代を含めていない業者もあるため、依頼する前に確認する必要があります。
また、アンテナ自体の交換までは必要ではない調整や付属品の交換ですむ程度の故障ならば、数千円〜10,000円程度が相場です。

ただ、いずれの場合も、地域によっては上記の価格より相場が高くなることも考えられます。

全体的な相場と合わせて、念のために自分が住む地域の相場も確かめておくと安心です。

 

【修理が必要になる時期はいつ?テレビアンテナの寿命とは】

 

テレビアンテナの修理を依頼する原因の一つに、アンテナの寿命があります。

といっても、テレビアンテナの場合、すべてのアンテナに当てはまる明確な寿命があるわけではありません。

たとえば、屋根に設置する八木式アンテナであれば、交換が必要になるまでの期間は概ね7〜10年です。

ただし、これは設置されている地域の気象によっても異なります。

たとえば、台風や積雪の多い地域に設置されているアンテナは、そうでない地域に設置されているアンテナよりも寿命が短くなると考えておくことが必要です。
こういった自然災害からアンテナを守る方法に、デザインアンテナを設置するという選択肢があります。

デザインアンテナは、アンテナが箱型のパネルで覆われていて壁などの平面に設置できるため、風や積雪の影響を受けにくいというのが特長です。

このデザインアンテナを設置する際の料金は、25,000円前後が相場になっています。

ただ、受信感度が弱い場合は、それを補うためのブースター(増幅器)を設置しなければいけません。

ブースターは機種によって価格に幅があるため、15,000円〜40,000円程度が設置費用の相場です。

 

【アンテナの調子が悪い気がする…修理は必要?故障を見極めるポイントとは】

 

テレビが映らなくなった原因がアンテナにあるかどうかを見極めるには、いくつかのチェックポイントがあります。

強風や積雪が原因でない場合、まずはアンテナとテレビがつながっているケーブルが外れていないかを確認してください。

外れていなければ、テレビの電源を一旦切ってから(コンセントも抜く)再起動します。

それでも映らなければ、アンテナの受信レベルの確認が必要です。

受信レベルの確認方法は、テレビのメーカーや機種によって異なるため、説明書で確認しながら行ってください。

もし、受信レベルが受信可能レベルに達していなければ、アンテナ自体に問題が発生している可能性があります。

考えられるのは、アンテナの故障かアンテナが風などで動いて受信できなくなっている状態です。

いずれにしても、これ以上の確認はプロの領域なので、専門業者に確認を依頼する必要があります。

この場合の料金は、屋根に上がる必要の有無といった作業内容によって異なりますが、3,000円〜10,000円程度が相場です。
なお、BS・CS110°アンテナは1度くらいズレていても大丈夫ですが、スカパープレミアム・BS・CS110°・4k8kのすべてを一つのアンテナで受信できるマルチアンテナ(スカパーでのみ発売)は、1度ズレただけで視聴できなくなる繊細なアンテナです。

そのため、もしマルチアンテナを設置している場合は、そのことをあらかじめ業者に伝えてから確認してもらう必要があります。

 

【まずは業者に相談してみよう】

 

テレビアンテナの故障にはいくつかの原因が考えられます。

また、修理にかかる料金の相場は、業者や故障の程度だけでなく、地域によって変化することもあるため注意が必要です。

もし、テレビが映らなくなった原因がアンテナにあると考えられる場合、業者に電話などで問い合わせてどんな修理をすれば良いか相談しましょう。

その際には、修理料金の相場も聞いておくといいでしょう。

もし、相場よりも高い料金を告げられた場合は、その理由を確認することが大切です。

さらにアンテナを確認してもらってから見積りを出してもらい、実際に依頼するかどうかを決めます。

良心的な業者は、どんな質問にも丁寧に答えてくれるため、遠慮せずにまずは相談してみることが大切です。

人気記事


お急ぎの方もスピーディに対応します

365日通話無料!お電話でのお問い合わせはコチラ | 0120-790-837