クレジットカード
0120790837
圧倒的な実績を誇るみずほアンテナ

埼玉県吉川市地域のアンテナ工事・施工実績

  • ブログ写真
  • ブログ写真

吉川市地域のアンテナ工事に関する写真一覧

続きを見る

吉川市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

  1. 吉川市のアンテナ工事・設置・取り付け情報吉川市は、埼玉県の南東部に位置し、ほぼ平坦な地形です。東は江戸川を挟み千葉県野田市と流山市に、西は中川を挟んで越谷市・草加市、南は三郷市、そして北は松伏町と、それぞれ境を接しています。東京都心から20から30キロメートルの埼玉県南東部に位置しており、東は江戸川を挟んで千葉県野田市・流山市、西は中川を挟んで越谷市・草加市、南は三郷市、そして北は松伏町と、それぞれ境を接しています。昭和30年に旧吉川町・旭村・三輪野江村が合併して新吉川町となり、その後、昭和48年の国鉄(JR)武蔵野線の開通と吉川団地の建設を経て平成3年には人口5万人を超えました。そして平成84月に市制を施行し、「吉川市」が新たにスタートしました。中川、江戸川という2つの川に挟まれた地形をいかした文化が育まれ、川魚料理という食文化が根付きました。江戸時代初期には、河岸付近に川魚料理を売り物にした料亭が軒を連ね、物産とともに集まった人々の舌を楽しませ、特に川魚料理は「吉川に来て、なまず、うなぎ食わずなかれ」といわれるほどの名声があり、歴史上の著名人なども食していると言われています。また、川は人々にとって食材の宝庫、憩いの場として身近な存在でした。川魚漁や川で遊ぶ子どもたちの姿が日常的に見られ、家庭では、なまずの身を包丁でたたき、みそなどを練り込み、丸めて揚げた「なまずのたたき」などが郷土料理として親しまれてきました。この川に親しんできた歴史・文化が、吉川が「なまずの里」といわれるゆえんとなっています。吉川市の総人口は71,063人(推計人口、2017101日)となっています。

    吉川市の放送受信契約数は、20, 034件で衛星契約数は、9, 061件となっています。テレビを見るためにはアンテナの設置をすることが必要です。ただ、どのアンテナを選べばいいのか、何が必要になってくるのか、など分からないことが多いかと思います。みずほアンテナでは、毎日、ご視聴されるテレビだからこそ、万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。吉川市に関しても周辺の電波状況等も完全に把握しており、お電話一本でお客様のご状況をお伺いしてすぐにお見積りをご提示させて頂く事も可能です。弊社ではお電話、メールにて365日ご相談やお見積もり依頼を受け付けておりますので、ぜひお気軽にご連絡をくださいませ。また、工事をしたら、終わりではなく、業界最長の8年間保証を付与していますので安心していただければと思います。吉川市のお客様は、どちらにお住まいでも全域対応しております。

  • みずほ施工ブログ | 日々の対応実績をご覧ください
  • 料金以外のメリット! | 料金以外のこんなメリットが
  • よくあるご質問 | お客様の疑問を集めました

東海対応エリア

九州対応エリア

年内拡大予定!

各種クレジットカードをお使い頂くことが出来ます。

※一部エリアにおいてカードが使えない場合がございます。
※手数料がかかる場合がございます。