千葉県印西市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

佐倉市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

印西市(いんざいし)は、千葉県北西部に位置する人口約10万人の市です。印西市と周辺2市に広がる「千葉ニュータウン」があり、市民の約6割がこの地域に住んでいます。東京都特別区部への通勤率は24.2%となっています(平成22年国勢調査)。千葉県北部に位置し、標高20から30メートル程度の平坦な下総台地と利根川、印旛沼、手賀沼などからなる周辺の低地により構成されています。台地と低地部の境には、低地部から台地に入り込む浸食谷や、谷津と呼ばれる地形が広がります。地質は、台地上は洪積層に属し関東ローム層からなっており、低地部は沖積層に属し一般に肥沃な土地が広がっています。土地利用は台地上は主に畑や山林として利用されてきたが、近年は強固な地盤であることから、千葉ニュータウンをはじめとした市街地が広がっています。低地部は豊かな水に恵まれ水田として利用されてきた。現在も谷津田など、緑豊かな田園風景が見られます。隣接する自治体のうち、利根町とは直接的な往来はできません。我孫子市または栄町を経由する必要があります。千葉県で他県と接していながら直接的な往来ができない自治体は印西市のみです。また、千葉ニュータウン中央駅の西隣の小室駅が船橋市にあるため船橋市と隣接していると思われがちだが、実際には白井市を挟んでいるため隣接していません。千葉ニュータウンの開発により多くの企業が進出しました。千葉ニュータウン中央駅および印西牧の原駅周辺は、印西市における経済・産業の中心地となっています。また、関東平野の中で活断層が無く岩盤が強固とされることから、防災上の理由で多くの金融機関が千葉ニュータウン内に事務センターや郵便局の東日本貯金事務計算センターを配置しています。東日本大震災以降、災害へのリスクヘッジとして、大企業が印西市を拠点に置くことが増えたと同時に、北千葉道路の一部開通により、都心と成田空港の中間に大敷地でアクセスが良いのが注目され、物流倉庫が多く建設された。別名「物流城下町」と呼ばれています。宅地造成やマンションの建築も盛んであり、分譲地には有名ハウスメーカーが競争して販売しています。千葉県印西市の人口は、総人口が98,511人(推計人口、2018年10月1日)となっております。千葉県印西市の放送受信契約数は、29, 761件で、衛星契約数は、15, 252件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。