千葉県鎌ケ谷市のテレビ普及率は?引っ越しをする際のアンテナ選びと取り付けについて

佐倉市のアンテナ工事・設置・取り付け情報

鎌ケ谷市は、千葉県の北西部、北総台地のなだらかな緑の大地の上に広がる総面積21.08平方キロメートルの都市です。市内には、東武野田線(東武アーバンパークライン)・新京成線・北総線・成田スカイアクセス線の鉄道4線と道路網が発達しており、都心から25キロメートル圏内にあることから、首都近郊の住宅都市として発展してきました。鎌ケ谷市は、昭和46年9月1日に人口44,760人を擁して、県下24番目の市となりましたが、その後の着実な人口増加により平成8年には10万人を超え、平成30年4月1日現在で、109,782人(住民基本台帳人口)となっています。こうした発展の中にありながら、豊かな農地や緑の環境をもち、梨の名産地としても全国にその名を知られています。鎌ケ谷市の梨生産は、産地としてもその歴史は古く、さかのぼること江戸時代の末から、栽培が始められています。販路についても早くから市場出荷のほか、直売・宅配便の利用が盛んで、なかでも果樹園などでは観光農園としても、県内外から人気を呼んでいます。千葉県の梨は、全国で産出額や栽培面積において第1位にあります。本市における梨の収穫量と産出額は長い間、県内第2位となっていましたが、平成18年以降それぞれが第3位とはなりましたが、常に県内でも上位を占めています。近年は、味自慢の中でも新たな品種「あきづき」の増殖を進めています。あきづきは、農水省果樹試験場で交配育成され、1998年(平成10年)新品種として(農林19号)登録。新高×豊水に幸水を掛け合わせたもので、9月中旬から下旬頃に収穫できる果皮が黄赤褐色の赤梨。500グラム程度の大果で糖度が13から14度ほどと甘く、酸味も少なく肉質の柔らかいフルーティーな食味で、日持ちも2週間ほどと長いことが特徴であり、新品種として普及が期待されます。千葉県鎌ケ谷市の人口は、総人口が109,396人(推計人口、2018年10月1日)となっております。千葉県鎌ケ谷市の放送受信契約数は、34, 631件で、衛星契約数は、17, 853件となっております。みずほアンテナでは、お客様に最大限歩み寄ったかたちで、お客様にとって一番いい選択をしていただけるよう、アドバイスもさせていただいております。毎日ご視聴されるテレビだからこそ万が一の時でも365日対応可能な完全自社施工でお客様をサポート致します。どんな些細なことでも構いません。是非一度、みずほアンテナまでお問い合わせください。